So-net無料ブログ作成
検索選択
HOTEL REPORT ブログトップ
前の10件 | -

ロイヤルパークホテル(東京・日本橋) [HOTEL REPORT]

IMG_20170408_225517_232.jpg

ラルクのLIVEは東京ドームだったので、
2daysでも、横浜に住んでいる私は普通に通えるんですが、
年初に買った、ロイヤルパークホテルの福袋
(エグゼクティブフロア・スタンダードルーム1泊と、
『シンフォニー』のランチ・ブッフェ券2名分で、¥30,000)
の宿泊券があったので、この機会に泊まってみることにしました。
なんと、ラルクのチケットが取れる前に予約済み(笑)

チェックインが始まる15:00少し前に、ホテルに到着。
エグゼクティブフロア特典で、ラウンジで着席してのチェックインと聞いていたんですが、
普通に1Fのレセプションでのチェックインでした ┐(´-`)┌
お部屋までの案内もなく、キーを渡され、『エレベーターは右手です』と。
そりゃあ、たいした荷物がないのは見ればわかるかも知れないけど、
たいていのホテルは、念のため『お荷物は?』くらい聞いてくれるけどな。
なんだか、期待ハズレの予感・・・[どんっ(衝撃)]

ETD_730_480.jpg

お部屋はこんな感じ。
スタンダード・ツインなので、26㎡。デラックス・ツインだと、もう少し広くて34㎡以上。

CIMG3760.JPG

大きなスーツケースとかがないので、これでも十分な広さです。

CIMG3764.JPG

加湿機能付き空気清浄機はエグゼクティブフロアのみ。
でもね、夜寝るときに部屋のメイン照明を消すと、これも一緒に電源が落ちてしまうの[バッド(下向き矢印)]
コンセントはメインの照明と連動しているらしく、
メイン照明を消しても使えるコンセントは、2つのベッドの間にあるコンセントのみ。
そして、加湿器のコードはそのコンセントに届かない・・・
ハウスキーピングに電話して聞いたら、『加湿器を移動して下さい』だって。
・・・これ、けっこう重いよ?
は?という反応をしていたら、『延長コードをお持ちします』ということになって、
結局、ベッドの間のコンセントから延長コードで加湿器をつないで、なんとか解決。
ホテルの部屋は乾燥するので、加湿器があるのは有難いと思っていたのに、
なんかビミョーな対応・・・。

CIMG3765.JPG

バスルームは、いたって普通。

CIMG3767.JPG

バスアメがロクシタンだったのは、ちょっと嬉しい[るんるん]

CIMG3788.JPG

その他のアメニティ。
ハミガキセット・カミソリ・シャワーキャップ・洗顔フォーム・シェービングジェル。
ペンみたいなのは、携帯用除菌消臭スプレー
ケースに入っているのは、ネイルファイル・櫛・コットン・爪切り・綿棒。
爪切りは、ポーチに入れておくのにいいサイズだったので、もらってきました(^^)

CIMG3791.JPG

マウスウォッシュがあるのも、グー[手(グー)]

CIMG3782tr.jpg

さらに女性客には基礎化粧品のセットがプレゼントされます。
中身は・・・

20170412_194613.jpg

髪どめ・コットン・ローズの香りのバスソルト、
基礎化粧品は資生堂のPHYTO AND ROSE というシリーズで、
メイク落とし・洗顔ミルク・化粧水・乳液。
文句ばかりで悪いけど(笑)、1回分ずつしかない、ってとこがわかってないなぁ。
コンビニのお泊まりセット(夜と朝の2回分が入っている)のほうが優秀(^^;)

CIMG3779.JPG

冷蔵庫の中身。お水が3種類もあるのに・・・

CIMG3774.JPG

さらに、もう一種類(笑)
このミネラル・ウォーターは無料です。ライブに持っていきました。

CIMG3772.JPG

クローゼットの中。ハンガーは十分ありました。
スリッパはパイル地の使い捨てで、なかなか良かったです。
「ホテルのショッパーバッグがあるのは便利」という記述があるブログを読みましたが、
私は使わなかったです。

CIMG3830.JPG

パジャマの上衣を長くしたような、スリープウェア。
サイズはMですが、SやL に交換してもらうことも可能だそうです。
他にバスローブもありました。

さて、エグゼクティブフロアといえばラウンジ
11:00~17:00 のリフレッシュメントサービスの時間に行ってみました。

CIMG3794.JPG

お天気が悪かったので、せっかくの大きな窓も眺めがイマイチ。

CIMG3795.JPG

CIMG3805.JPG

17:00~20:00 のカクテルタイムは混むと思いますが、
お茶の時間なので、まだ空いています。

CIMG3817.JPG

カットしたパンと・・・

CIMG3818.JPG

カップケーキのようなパン(“パン”と表示があった)、クッキー。
ちょっと寂しいなぁ。

飲み物は、

CIMG3813.JPG

フレッシュジュース。

CIMG3824.JPG

コーヒー・紅茶の類。

CIMG3828.JPG

缶・ビン・ペットボトル飲料。

CIMG3799.JPG

とりあえず、お茶してみました。

お酒が飲める方は、カクテルタイムが気になるところだと思いますが、
私はお酒が飲めない & その時間はライブに行っていた、ということで、
カクテルタイムの内容はわかりません。ゴメンナサイ。

朝食(7:00~10:00)も、このラウンジで頂けます。
終了時間近くは混むのでお早めに、と言われていたので、
8:30に行きましたが、大混雑~[あせあせ(飛び散る汗)]
むしろ、9:00を過ぎたらガラガラになりました。

頂いたものはコチラ ↓

IMG_20170409_090148_816.jpg

パンは美味しかったです。
デニッシュ2種と、イチジクの入ったミニ・カンパーニュ。
フルーツ(パイナップル・キウイ・ピンクグレープフルーツ)には、
ヨーグルトとハチミツをかけて頂きました。
サラダのドレッシングは、本当はサウザンアイランドが好きなのですが、
写真写りを考慮して、色味のない和風ドレッシングをチョイス。
こういう配慮が、ブロガーとして成長したかな?(笑)

和食メニューは土・日・祝日のみということで、
日曜日のこの日もありましたが、それほど人気はなかったような。
人気だったのは、やはり目の前で作ってくれるオムレツで、
私もこの後、頂きました。

ゆっくり朝食を頂き、15:00のチェックアウト時間まで部屋で寛ぎ、
ライブ2日目に備えました(笑)
通常のチェックアウトは12:00ですが、
エグゼクティブフロアはレイトチェックアウトを申し込めます。
確約ではありませんが、今回はレイトチェックアウト、OKでした[手(チョキ)]

このロイヤルパークホテルは、『日本橋』となっていますが、
半蔵門線「水天宮前駅」に直結、もしくは、東京シティ・エアターミナル(T-CAT)のお隣、
といったほうがわかりやすいですね。
サービスあれこれで、ん?と思ったことはありましたが、立地は便利だと思います。
部屋から東京タワーが見えたのが嬉しかったですが、あいにくのお天気で、
あまりきれいに見えなかったのは残念でした。

※太字のものはエグゼクティブフロア限定です。
他にも、ボディウォッシュタオル・拡大鏡・フィットネスクラブ利用無料などがあります。

それでは、次回はハワイ旅行記に戻ります!

nice!(24)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドーミーイン金沢で朝食を [HOTEL REPORT]

ドーミーイン金沢の口コミに 『朝食が美味しかった』というのがあったので、
朝食付きのプランを選んでみました。
どんなものがあるのかな~?

CIMG2848.JPG

右端のが、石川県を代表する郷土料理の治部煮。
金沢名物のすだれ麩と鴨肉を煮込んであります。
人気なので、あきらかに他のお料理より減りが早いです(笑)
ちなみにお隣の鉢は肉じゃが。

CIMG2869.JPG

左から、
ホタルイカの佃煮、金平ごぼう、温泉卵、白山豆腐、納豆。

ちょっと混んでいたのであまり写真は撮れませんでしたが、
お値段のわりに品数が多くて、楽しめそうです。
そんななか、私の朝食は・・・

CIMG2858.JPG

私にしては珍しく、和食系の朝ごはんになりました。
右上は、治部煮。これ、本当に美味しかったです!
ビジネスホテルのバフェでもこれだけ美味しいのなら、
ちゃんとしたお店で食べたらどれだけ美味しいのでしょう?
次回はぜひお店で食べてみたいものです。
その左隣のお皿は、
新潟の名物料理、栃尾の油揚げをふっくら焼いたものと、
加賀野菜の五郎島金時。お芋好きなので、地元のお芋が食べられるのは嬉しい(^^)
お汁はかに汁。
残念ながら身は入っていませんが(笑)、香りは楽しめます。
かにの見た目が苦手な私も、これならOK。
ごはんは、ゆかりご飯。もちろん白いごはんもあります。

CIMG2865.JPG

パンはこんな感じ。
金沢名物の、金沢カレーを使ったカレーパンがありました。
金沢カレーの特徴は、ルーが濃厚でドロっとしていて、
キャベツの千切りが付け合せに付いていることらしいですが、
この場合、キャベツの千切りはどうなったのだろう???

CIMG2868.JPG

デザート系。
上段は、プチモンブランとプチたい焼き。
プチたい焼きは食べてくるつもりだったけど、食事が終わったらお腹いっぱいで諦めました。
(このサイズなんだから、今思えば、頑張って食べてくれば良かった ^^;)

CIMG2874.JPG

他にも、北陸名物昆布かまぼこ、金沢名物車麩、加賀野菜源助大根など、
地元の食材を使ったお料理が並びます。
こうやって説明表示されているのも親切。

CIMG2880.JPG

食後のコーヒーは部屋でゆっくり飲みたいな~と思ったら、
ちゃんとカップがありました。
小さなことだけど、有難いサービス。

もうひとつ、このホテルで良いアイディアだなと思ったのは・・・

CIMG2875.JPG

エレベーターの中に、ちょっとした椅子があるんです。
それほど腰かけたいとは思いませんが

CIMG2878.JPG

この中に飲料水や非常用ライトが入っていて、
この椅子自体、非常時にはトイレとして使用できるとか。
非常時などないにこしたことはありませんが、こんなものがあるエレベーターは初めて見ました。
エレベーターの中に椅子、というのは横浜ランドマークタワー内のホテル、
ロイヤルパークホテルで見ましたが、こんな備えはなかったと思います。
どうせ椅子分のスペースを使うなら、こういうものが入っていたほうがいいですよね。

ドーミーインの朝食、口コミ通り美味しかったです。
駅前という立地も便利だし、スタッフさんも感じが良くて、
コスパの良いホテルだと思いました。

CIMG2881.JPG

お腹がいっぱいになったところで、2日目の観光に出掛けます[手(グー)]
ドーミーイン金沢がある金沢駅東口には、伝統芸能に使われる鼓をイメージした『鼓門』が。

さて、年内の更新はこれが最後となりますので、
金沢観光2日目は年が明けてからUPさせて頂きたいと思います。
今年もたくさんの方に読んで頂き、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎え下さい。

nice!(38)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【天然温泉 加賀の湧泉】ドーミーイン金沢(石川県・金沢) [HOTEL REPORT]

CIMG2544.JPG

今回の宿は、
『マツコの知らない世界』でも紹介された、人気のビジネスホテル、ドーミーイン金沢。
もっとも、JALの往復運賃とここの1泊の宿泊料(禁煙・セミダブル)の合計が
¥23,300ですから、あんまり期待はしていないのですが・・・

CIMG2800.JPG

部屋へ入ると、廊下とクローゼットとシンクが兼用になったようなスペース。
正面にはドアがあって、いきなりベッドが見えないのは嬉しい配慮。

CIMG2801.JPG

手前左側は、クローゼット的なスペース。
除菌消臭剤を置いてあるホテル、増えましたね。
備え付けの部屋着はよくあるタイプです。
ホテル内はどこでも、この部屋着&スリッパでOKだそうです。

CIMG2805.JPG

クローゼットスペースの向こうがシンク。
小さすぎて、非常に使い難いシンクでした(^^;)
ここで顔を洗うのは至難の業です。

CIMG2809.JPG

シンクの下は冷蔵庫。
湯沸しポットがあるのはいいなぁ。

CIMG2811tr.jpg CIMG2804tr.jpg

ただ、お茶がね。いかにもインスタントな粉末なんです。
金沢といえばお茶どころでもあるんだから、これはちょっと悲しいぞ(>_<)
ついでにいえば、スリッパも使い捨てじゃない。
かろうじてビニール製じゃないのと、
私は夏以外、部屋の中でもソックスを履いているので、
直接素足で履くわけじゃないからいいか、と、このスリッパを使いました。

CIMG2830.JPG

シンクの向かいは、バスとトイレ。
トイレは普通にきれいなトイレ(バスとは別。当然、ウォシュレット付き)ですが、
このホテル、最上階に大浴場があるので、バスはシャワーのみ。
バスアメは、部屋も大浴場もPOLAでした。

CIMG2817.JPG

お部屋はこんな感じ。
12㎡という狭さですが、ひとりだし、大きなスーツケースもないので、まあ許容範囲です。
左側のイス(?)の上にあるカゴに、バスタオルとフェイスタオル、
ランドリー用のビニール袋が入っていました。

CIMG2814.JPG

狭いながらも、デスクがあるのは嬉しいです。
加湿空気清浄機はSHARP製。
お、拡大鏡がある~!と喜んだら、使い方がよくわからなくて、
鏡部分を上にすることが出来なかった[あせあせ(飛び散る汗)]

CIMG2825tr.jpg

充電器も備品でありました。
マルチタイプなので、たいていの機械に使えそうです。

CIMG2831.JPG

便利かも、と思ったのが、TVのこの画面。
レストランやお風呂の混雑状況が、お部屋にいながらにしてわかるんです。

CIMG2833.JPG

このときは、男湯も女湯も『少々混雑』
それでも時間がなかったので行ってみると、ほとんど誰もいませんでした(笑)
こちらの洗面スペースには、コットン・麺棒、クレンジング・化粧水などがありました。

CIMG2841.JPG

どういう機能で混雑度を把握しているのかわかりませんが、
時間差もあるみたいだし、あんまりアテにはならないようです。

CIMG2846.JPG

内風呂は人がいましたので、誰もいない露天風呂のほうを撮ってみました。
内風呂も露天風呂もだいたい同じような大きさで、
5~6人入るときついかな、という感じ。

CIMG2843.JPG

露天風呂といっても壁に囲われていて、天井がないだけ。
でも、顔が熱くならないから、長めに入っていることが出来るので、露天風呂は好き~。
外は見えないんですけど、ベンチの上にある丸窓からチラっと見ることはできます。
まあ、そこまでして見たいほどの眺めではないですが(笑)

さて、前回 『食べたいものがある』 と言っていたアレですが・・・

CIMG2838.JPG

ドーミーインの名物の『夜鳴きそば』
毎日21:30~23:00 の時間に、1Fのレストランで無料で頂けます。
あっさりした醤油ラーメンで、量もそんなに多くないのがいいです。
この時間のラーメンはダイエットの敵ですが、
名物と聞いては食べずにはいられません(^^;)

ドーミーイン金沢は、朝食も美味しいという評判なので、
朝食付きのプランを選びました。
次回はその朝食をご紹介します。

nice!(31)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デュシタニ バンコク/クラブラウンジ(朝食②) [HOTEL REPORT]

バンコク4日目。
昨日と同様、クラブフロア・ラウンジで朝食を頂きます。

サラダ・お肉類・フルーツは前回ご紹介したので、
今回は、まずはパン。

CIMG1924.JPG

バゲットは1本まるごと置いてあって、好きなだけ自分でカットするシステム。
そうはいっても、まだ誰も手をつけてないので、手を出しにくいなぁ(笑)
こーゆー変な遠慮は日本人だからでしょうか?それとも、私だけ?(^^;)
写真を見て気が付きましたが、チーズもここにあったんですね。

CIMG2153.JPG

そんな遠慮しいの私にも手を出しやすいデニッシュ類。
もともと菓子パン好きなので~。

CIMG1909.JPG

実は早朝に、パンだけを食べに来ました(笑)
やはり夕べ、ちゃんと夕食を食べてなかったので、お腹が空いてしまって[あせあせ(飛び散る汗)]

そんなわけで、これは2回目の朝食(笑)

CIMG1913.JPG

フレッシュジュースと、カップに入ったフルーツポンチとか、蜂蜜入りのヨーグルト。
その2つは食べてみましたが、両端のものは食べていません。
右側のはオートミールっぽかったので、パスしました。
(オートミール、苦手なので)

CIMG2156tr.jpg

デザートの甘いものも一口ケーキがありました。
朝からケーキは重たいので、一口サイズなのかも知れません。

そんなわけで、2回目の朝食はこんな感じ。

CIMG2160.JPG

そして、もちろんテーブル・オーダーもしてみました。
気になっていたエッグベネディクトです。

CIMG2169.JPG

なんか私の思っていたエッグベネディクトと違う~[バッド(下向き矢印)]
私が思っているエッグベネディクトは、こんな感じ ↓

eggbene.jpg

エッグベネディクトについては、ビジュアル的にも味的にもハワイのうほうが上でした(^^;)
そういえば、前回バンヤンツリー・バンコクに泊まったときも、
ラウンジでエッグベネディクトを頼んで、ちょっとガッカリしたんだっけ(笑)

それでは、デザートを食べに外へ出掛けます。

nice!(32)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デュシタニ バンコク/クラブラウンジ(朝食①) [HOTEL REPORT]

バンコク3日目。
今日の朝食はクラブフロアラウンジで頂きます。

CIMG2016.JPG

時間は8:00過ぎといったところなんですけど、誰もいない(^^;)
好きな席を選んで座ると、スタッフがコーヒーか紅茶かを聞きにきてくれます。

CIMG1889.JPG

テラスにも席があります。
室内はもちろん禁煙ですが、外はタバコOKみたいでした。

CIMG1887.JPG

基本的にはバフェですが、卵料理などはテーブル・オーダーになっています。
よく、目の前でオムレツを作ってくれるサービスがありますが、
それよりもメニューが豊富で嬉しい(^^)

テーブル・オーダーのメニューはこちら。(クリックで拡大します)

CIMG1886tr.jpg

目玉焼きやスクランブル・エッグ、オムレツといった卵料理はもちろん、
お粥やフレンチトースト、パンケーキ、
ベジタリアンのための卵を使わないマッシュルーム・パイなど、
メニュー豊富です。

バフェのほうも少し紹介すると・・・

CIMG2009.JPG

サラダ。
グリーンアスパラがカットされないままあるのは嬉しい。
ありそうで、結構珍しいと思いました。

CIMG2003.JPG

ソーセージなどのお肉類。

CIMG1899.JPG

ハムやサラミなどはこちら。
手前側に、焼き野菜と、なぜか巻き寿司。

CIMG1914.JPG

フルーツは、ドラゴンフルーツ・スイカ・パイナップル、
パパイヤ・メロン・マンゴーと、南国らしい品揃え。

私が食べたものは、まずはサラダとヨーグルト。

CIMG2013.JPG

テーブル・オーダーしたものは、クリスピー・ワッフル。

CIMG2020.JPG

ホントは、シロップとホイップクリームとベリーが付くはずなのですが、
なぜかベリーだけ付いていなかった(^^;)
こんなことはタイではよくあることなので、私もマイペンライ(気にしない)です。
ワッフルはサクサクで美味し~い。

ベリーが付いてこなかった分、フルーツも頂きます。

CIMG2022.JPG

私は酸っぱいフルーツよりも甘いフルーツが好きなので、
こちらのほうが良かった(笑)
パパイヤのそばにはちゃんと小さくカットしたライムがあったので、
ライムを絞ってパパイヤを頂きます。
レモンを絞る方もいますが、私はライムを絞るほうが好き。
酸っぱくなることなく、サッパリと爽やかです。

さて、しっかり朝食を頂いたので、外へ出掛けます。

nice!(36)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デュシタニ バンコク/クラブラウンジ(カクテルタイム) [HOTEL REPORT]

・・・というわけで、3Fのクラブフロアラウンジへやってきました。

CIMG1882.JPG

CIMG1883.JPG

あっ、なんだか居心地良さそう♪
これは帰りがけに撮った写真なので誰もいませんが、
行ったときには、3~4組の方がいらっしゃいました。
時間帯は、17:30から19:30までのカクテルタイムの終了間際。
カクテルタイムが終わった途端、みなさん帰られてしまったので、
誰もいない写真が撮れたんです(^^;)

席を選んで座ると、すぐにスタッフが飲み物を聞きにきてくれます。
カクテルタイムですが、私はお酒が飲めないのでコーヒーを。
では、隣の部屋に用意してある食べ物を見に行ってきます。

CIMG1865.JPG

さすがにカクテルタイムなので、お酒のおつまみに良さそうなものが中心です。
チーズにオリーブ、ナッツやドライフルーツなど。

CIMG1866.JPG

カクテルグラスに入った、小海老のサラダ。これ、美味しそう!

CIMG1873.JPG

パンにチーズにワインという食べ方でしょうか?
それとも単に、小腹が空いた人のため?
パンも用意してありました。

CIMG1876.JPG

見せ方もおしゃれですね。
下から、カントリースタイルのパテをトーストに乗せたもの、
野菜スティックにヨーグルトをディップするもの、
小さなバンズにスモークハムとオニオンを挟んだもの。

CIMG1871.JPG

私のように下戸のためでしょうか。
甘いものとフルーツも少しありました。

そんな中で、このときに私が頂いたものは、こちら。

CIMG1880.JPG

小海老のサラダが美味しそうだと思ったので真っ先に取りましたが、
これが辛かった[あせあせ(飛び散る汗)] タイ風サラダです。
辛いものが好きな方にはどうってことない辛さだと思いますが、
私は辛いものが苦手なので(^^;) ← じゃあ、なぜタイに行く?(笑)
点心は美味しかったです。特に海老シュウマイはプリプリ~。
串ものは、アサリを醤油?で煮たもの、あとはサテーかな?焼き鳥みたいでした。

違う日のこの時間帯に頂いたものはこちら。

CIMG2239.JPG

この野菜スティックは美味しかった~。
ディップするヨーグルトには、ミントがはいっているようです。
海老を春巻き風にしたものは、味が少し物足りない感じ。
もしかしたら、お料理のそばに調味料があって、
取るときにかけてくるものだったのかも知れません。
飲み物はアップルジュースです(笑)

CIMG2240.JPG

さらにフルーツとチョコレートケーキを頂きました。
チョコレートケーキ、甘~い。

サービスとしては上質なのでしょうが、飲み物はいちいちスタッフが聞きに来てくれるスタイル。
お酒がサービスされる時間はきっちりしているようで、19:30少し前にラスト・オーダーを聞かれます。
バンヤンツリーのラウンジのように、冷蔵庫に自分で取りに行くスタイルなら、
缶ビールを数本持ち出して、お部屋で続きを飲むことも出来ますが、
このスタイルは呑んべえさんにはどうなんでしょうか?
私は飲まないので関係ないかというと、そうでもなくて・・・
実は、シンハーとかビア・チャンとか、タイのビールをお土産にしようと思ってるとき、
ラウンジによっては、無料で手に入ってしまうのですよ。セコい話ですが(笑)

今回はそんなつもりもなかったのでOKですが、
飲む人にはやっぱり缶ビールより、ちゃんとグラスに注がれたビールのほうがいいのかな?
そんな感じで1日目が終了。
明日から外に出るぞ![手(グー)]

nice!(33)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デュシタニ・バンコク クラブルーム(タイ・バンコク) [HOTEL REPORT]

CIMG2023.JPG

今回の宿泊先は、デュシタニ・バンコクです。
最寄駅は、MRT シーロム駅か、BTS のサラデーン駅。
私がよく泊まるホテルは、スコータイ・バンコクといい、バンヤンツリーといい、
なぜか最寄駅はこのサラデーン駅です。
別に狙ったわけではないのですが・・・。

CIMG2180.JPG

デュシタニ・バンコクはデュシットインターナショナルのフラッグシップホテルで、
日本人の設計だそうです。
タイ生まれのホテルだけあって、タイには何軒も系列ホテルがありますが、
日本にはまだないホテルなので、タイならではの雰囲気を期待して選びました。

当初は妹が一緒に泊まる予定だったので、
広めの部屋が良かったのと、一日中飲食のサービスがあるというのが便利かと思い、
クラブフロアのお部屋を予約しました。
チェックインは、クラブラウンジで行います。
冷たいおしぼりと、ウェルカム・ドリンクのサービスがありました。

それでは、お部屋に入ってみましょう。

CIMG1828.JPG

ドアを開けてお部屋に入ると、こんな感じ。
正面奥にリビングルーム。右手に入るとウォークイン・クローゼットがあります。

CIMG1830.JPG

デュシットクラブルームは60㎡。
妹は都合が悪くなって来られなくなったので、
ひとりならリビングルームは要らなかったかな、と思いましたが、
結構、この部屋にいる時間が多かったです。

CIMG2264.JPG

私は旅行中毎日、日記とかメモとかを書くので、デスクがあるのは嬉しいです。
さらに嬉しかったのが・・・

CIMG2261.JPG

デスク右手の引き出しには、文房具までありました。
ハサミとホチキスは必需品なので持って行きましたが、
輪ゴムとダブルクリップが案外と役に立ちました。

CIMG1835.JPG

リビングルームの右手がベッドルームになります。
メイドサービスは1日2回。
お部屋に入ったのがもう夕方だったので、すでにベッドはターンダウンが済んでいました。

ベッドルームのさらに右手はバスルーム。

CIMG1847.JPG

ところで最初の、お部屋に入った右手、
ウォークイン・クローゼットはどうなっているかというと・・・

CIMG1837.JPG

こちらからもバスルームに入れます。正面にバスルーム。
その手前の左手にスーツケースを置く台があって、
右手がウォークイン・クローゼットです。

CIMG1840.JPG

スリッパとバスローブはここにありました。
バスローブはワッフルタイプで、タオル地よりも軽くて良いです。

CIMG1843.JPG

バスルームは、シャワーブースあり、ハンドシャワーありです。
この2つがあれば、バスルームに文句はありません(笑)
しいて言えば、シャワーブースのほうにハンドシャワーがあったら良かったな。

それよりも違和感があったのが、トイレです。

CIMG1844.JPG

ドアがないうえに、無駄に広い(^^;)
ドアはバスルーム全体のドアを閉めるんでしょうね。
海外ではこういう区切りかたがありがちですが、
トイレが広いとなんとなく落ち着かないのは、日本人の哀しさでしょうか?(笑)

CIMG1859.JPG

アメニティは残念な感じ[バッド(下向き矢印)]
シャンプーやコンディショナーなどのチューブ類は、ホテル内のスパ、
テワラン・スパのものだと聞いていましたが、本当かな?
使ってみましたが、そんなラグジュアリーな感じはしなかったけど・・・
あと、バスソルトとかがあると嬉しかったかな。

CIMG1988.JPG

細かいことですが、良いと思ったのが洗面所で使うグラスについていたガラスのコースター。
たいていは紙のコースターでビショビショになってしまうし、
コースターがないと、大理石の洗面台だとガチンッと当たってコワイんですが、
これはガラスなので、当たりにはちょっと気を遣うけど、ビショビショになる心配は要りません。

CIMG1855.JPG

『フルーツは毎日補充』ということでしたが、『補充』なので『取り替え』ではありません。
初日にあったバナナを数本食べたら、翌日はランブータンが足されてました。
それらに手をつけずにいたら、3日目以降はそのままでした。
減らない限り、『補充』はしてくれないということみたいです。

CIMG1852.JPG

湯沸しポットがあるので、お茶の類はサービスでありました。
おっ、紅茶はTWGだ!と思ったのですが、ミントティーとカモミールティー。
どちらも苦手なので、ダージリンとか、普通のを置いておいて欲しかった~(>_<)

冷蔵庫の中の写真を撮り忘れましたが、
ビール、お水、ジュースなどが入っていました。
ホテルのラベルがついたペットボトルに入ったミネラル・ウォーターは、有料で50B。
無料のお水はビンのボトルに入ったほうなので、お間違えなく。

CIMG1848.JPG

18:00過ぎで、外はこんな明るさ。
本当は外へ食事に行くつもりだったのですが、飛行機が遅れたこともあって、
疲れて面倒になってしまいました。
せっかくのクラブフロアなので、ラウンジへ行ってみようかな。

ということで、次回はクラブラウンジをご紹介します。

nice!(36)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテル日航ハウステンボス(佐世保・ハウステンボス) [HOTEL REPORT]

CIMG1597.JPG

宿泊は、ホテル日航ハウステンボスです。
羽田-長崎のJAL往復航空券と、このホテル1泊料金の合計額が、
割引後とはいえ1人¥25,000 という安さなので、
てっきりシングルだと思っていましたが、
それぞれがツインのシングル・ユースでした。贅沢だわ~ (@_@)

CIMG1481.JPG

場合によってはTちゃんと一つの部屋を使ってもいいよね、と言っていたのですが、
私たちは普段からよく会っているので、夜通し話したい話もないし(笑)、
ここは便利をとって、ありがたく2部屋使わせて頂くことにしました。
ハウステンボスから夜遅く帰ってくるので、
それぞれの部屋で同時にお風呂に入れれば、二人とも早く寝れますし、
朝も自分のペースで支度出来るのは楽ですから。

CIMG1467.JPG

22㎡なので、あまり広い部屋ではありませんが、ひとりで使うなら十分です。
さすがに眺めは良いとは言えず、駐車場ビューでしたが(^^;)
Tちゃんとはお隣同士の部屋をアサインされました。
並びなので、部屋のカラーは同じくブルー。
お向かいの部屋(1枚目の写真の中庭を囲む配置)のカラーは赤でした。
このままブルーを赤に変えた感じで、それも可愛かったです。

CIMG1470.JPG

『日本のホテルだな~』と感心したのは、加湿機能付き空気清浄機があったこと。
プラズマクラスターだったから、SHARP製ですね。

CIMG1473.JPG

バスルームは必要最低限。
狭いのが嫌だと思ったら、大浴場もあります。
まあ私は、ウォシュレットとハンドシャワーが付いていれば文句はありません。
除菌ハンドソープが置いてあるのも日本ならではかな。

CIMG1475.JPG

CIMG1476.JPG

アメニティも特筆すべきものはありません。
ハミガキセット、カミソリ、櫛、シャワーキャップ、コットンと綿棒。
ボディソープ、シャンプー、コンディショナーはボトルです。メーカーはPOLA。

CIMG1487.JPG

荷物が少なくて済むので、パジャマ(部屋着?)があるのは嬉しいです。
ただ、残念なのは、スリッパが使い捨てじゃないこと。
消毒とかはしてあるのかも知れませんが、特にこの季節はねぇ(>_<)
ペラペラでもいいから、使い捨てのほうが気持ち良かったな。
どのみち、ビニールはペタペタしそうで使いませんでしたが。

CIMG1604.JPG

面白かったのは、このドア・プレート。
マグネットになっていて、ドアにぺたんと貼れるんです。
(ということは、ドアに金属が入っているんですね?)
ドアノブに掛けるとか、スイッチになっているのはよく見るけど、
これは初めて見ました。

CIMG1491.JPG

ロビーもエレガントな感じで、なかなか素敵でした。
スタッフもとても親切です。

CIMG1494.JPG

ホテル日航ハウステンボスは、ハウステンボスのオフィシャルホテルなので、
オフィシャルホテル宿泊者専用のお得なチケットを買うことが出来ます。
私たちが利用したのは、1.5 DAY パスポート¥8,700。
初日の入場が15:00以降、翌日は1日というパスポートで、
通常の、夕方16:00以降のパスポート¥5,100 +1 DAY パスポート¥6,700
を購入することを考えれば、ずっとお得です。

また、ホテル日航宿泊者専用のゲートもあります。
通常、再入場は1回のみなのですが、
オフィシャルホテル宿泊者は無制限なのも嬉しいです。

ハウステンボス内のホテルのほうがもちろん良いとは思いますが、
このお値段で、このホテルに泊まれたのはラッキーでした(^^)v

nice!(40)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パークショア・ワイキキ(ハワイ・オアフ島) [HOTEL REPORT]

20160603_101558.jpg

12:00 にアラモアナ ホテルをチェックアウトして、
タクシーでパークショア・ワイキキへ移動します。
(タクシーの中から撮った写真なので、ちょっとガラスが写り込んでしまいました)

IMG_20160531_141543.jpg

ロビーは開放感があって、居心地良いです。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、
1枚目の写真の、大きなガラスに向かって配置されたソファもあります。
そこに座ると、カパフルAve 越しにホノルル動物園の緑が眺められて寛げます。

CIMG0619.JPG

今回私は、部屋番号のリクエストがあったので、ホテルのサイトから直接予約しました。
その甲斐あってか、リクエスト通りの“末尾24番”の部屋をアサインされました[手(チョキ)]

2586 Kalakaua Avenue, Honolulu.jpg

ブルーで囲った部分が、末尾24番の部屋です。
その並びのSHORE ROOMS は全室オーシャンフロントですが、
角部屋の24番は、さらに左手にダイヤモンドヘッドが見える部屋になるんです(*^_^*)

また、別棟のPARK ROOMS の末尾7番の部屋(赤で囲った部分)も
オーシャンフロントのカテゴリーになると思います。
こちらはラナイの正面がダイヤモンドヘッド、右手にビーチという眺めなのかな。

私の予約は『オーシャンフロント・ルーム』なので、
SHORE ROOMS のどれかか、PARK ROOMS の末尾7番の部屋になったと思いますが、
ビーチとダイヤモンドヘッドの両方がよく見える部屋は、末尾24番か7番なので、
24番の部屋をリクエストしました。

2766006.jpg

SHORE ROOMS は外廊下。
エレベーターを降りて外廊下に出ると、ダイヤモンド・ヘッド~[グッド(上向き矢印)]
一番奥のピンクのドアは非常階段か何かで、
その手前の右側が今回の私の部屋、1024号室。

CIMG0620.JPG

ちなみにこの外廊下、夜はこんな夜景も見えます。

CIMG0588.JPG

部屋に入ると、正面のラナイからはワイキキビーチが

CIMG0592.JPG

そして左手の窓からはダイヤモンドヘッドが見えました!

CIMG0938.JPG

ラナイに出てみます。

CIMG1186.JPG

期待通りの眺め、サイコー (≧∇≦)
ワイキキ・ウォールがこんなに近くに!

CIMG0935.JPG

クィーンズ・ビーチまで見渡せます。
そして、もちろん・・・

CIMG0931.jpg

ダイヤモンドヘッドもこんなにきれいに見えます!
お隣はホノルル動物園なので、高い建物がなく、視界良好~。
緑もいっぱいで気持ちいい~。

CIMG0591.JPG

ラナイ側から部屋を見ると、こんな感じ。
24㎡なのでそれほど広い部屋ではありませんが、ひとりなので十分です。

CIMG0597.JPG CIMG0594.JPG

ただ、バスルームは予想通り固定式シャワー、しかもヘッドが大きくてイマイチ(^^;)

CIMG0599.JPG

バスアメニティは『PAYA』 というブランドなのかな?
使ってみましたが、ハワイらしいフルーティーな香りで悪くなかったです。
バスローブやスリッパはありません。
コーヒーメーカーはありましたが、無料のミネラルウォーターのサービスはなし。
このへんが高級ホテルとは違うところです(笑)

CIMG1075.JPG

そのかわり、ロビーにはジュースとレモン入りのお水が置いてありました。

CIMG0972.JPG

朝はコーヒーです。
何時から何時までコーヒーなのかわかりませんが、
お昼頃にはジュースとお水に変わってしまっていました。

CIMG0980.JPG

だけど・・・コーヒーもジュース薄かった・・・(^^;)

気になるお値段ですが、
オーシャンフロント指定、3泊の料金が $779.22 (税込)。
その他にリゾート・フィーが1日$20 (税込 $20.94)加算され、合計 $842.04。
予約時に、1泊分の料金がデポジットとしてクレジットカードで決済されます。
デポジットを払ったときがかなり円安($1=¥126.06 )だったので、
チェックアウトのさいのレート($1=¥111.48)と合わせて、
結局支払った総額は、¥97,660。
このクラスのホテルにしてはそれほど安くないと思いますが、
良いお部屋に当たったので、納得のお値段でした。

眺めは良いし、スタッフはフレンドリーですが、
スリッパがなかったり、コーヒーが薄かったり(笑)、
ちょっとしたことが高級ホテルに及ばないなぁ、という印象 (´ヘ`;)
プールも入ってみました。
ホノルル動物園側とワイキキビーチ側に建物がないので、
日差しがいっぱいの良いプールです。
まあ、私は『プールは、シェラトン・ワイキキがワイキキでは一番!』
だと思っていますが(笑)

利用はしませんでしたが、
アラモアナまでホテルのシャトルバス・サービスがあります。
ワイキキトロリーのピンクラインと、レインボートロリーが、
お隣のアストン・ワイキキ・ビーチホテルに停まりますので、
交通面も思ったよりも便利でした。

ダイヤモンドヘッド&ワイキキビーチ、LOVEの人にはオススメのホテルです。
リクエストが通るかどうかはわかりませんが、
オーシャンフロント指定・ダメもとで部屋番号をリクエストしてご予約を(^^)v

nice!(44)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アラモアナ ホテル(ハワイ・オアフ島) [HOTEL REPORT]

無事にホノルル空港に到着して、イミグレに向かうと、
見慣れない機械の山が!

APC.jpg
(写真撮影禁止エリアなので、ネットで拾ってきた画像です。だいたいこんな感じ)

これ、Automated Passport Control (APC) という自動入国審査端末なんです。
この機械を使えるのは、ESTAを取得してアメリカへ入国するのが2回目以降の人。
なので、『アメリカ(もちろんハワイを含みます)は初めて!』という人は、
普通の係官のいる窓口に行きます。
(パスポートを更新した場合も、新しいパスポートで1回目のアメリカ入国は、
係官のいる窓口に行きます)

言語は日本語が選べるので、難しいことはありませんでした。
パスポートをスキャンして、写真を撮影して、指紋を採取して、質問に答えます。
質問は、一般的に入国審査で聞かれそうなこと。
例えば、『入国の目的は?』などの質問に、
観光・ビジネス・・・などの中から答えを選びタッチします。

端末の操作が終わるとレシートみたいな紙が出てくるので、
それを持って係官のいる窓口へ行くと、そこでまた2つ3つ質問されます。
(私は、滞在日数とホテル名を聞かれました)
そこでレシートみたいな紙は回収され、
スタンプが押されたパスポートと、機内で書いた手書きの税関申告書を返されました。

ターンテーブルで荷物をピックアップし、空港出口で税関申告書を提出します。
ただ、ここでレシートみたいな紙を渡す人もいるようで、
(確かに、APCの質問事項が税関申告書みたいな内容だったので、
このレシートみたいな紙は税関申告書を兼ねているのかも)
導入からまだ日が浅いせいか、グダグダな印象も・・・(^^;)
どのみちAPCを使えない人は手書きの税関申告書を提出するしかないので、
レシートであろうが、手書きの税関申告書であろうが、どちらでもいいみたい。

ようやく外へ脱出!
ホテルまでは『ロバーツハワイ』というエアポートシャトルを使いました。

roberts hawaii.jpg

このテのシャトルは、『ホテルをいくつも回るので時間がかかる』というのがネックですが、
ロバーツハワイは最多でホテル5ヶ所まで、ということになってます。
到着時は荷物も軽いし(帰りは荷物が重いのでタクシーにします ^^;)、
空港近くのホテルから降ろしていくので、
『アラモアナ ホテルなら一番最初に降ろしてくれるだろう』、という予想もありました。
ところで、JALでハワイへ行くと(ツアーを除く)JALOALOカードという、
現地で割引や優待が受けられるカードをもらえますが、
このロバーツハワイでも優待料金があって、
片道:通常料金$16→$13(チップ込)になりました。

予想は当たって、一番最初に到着したのがアラモアナ ホテル。

alamoana hotel.jpg

今回は、まずこのホテルに3泊し、後半の3泊は『パークショア・ワイキキ』に移ります。
9:25到着のフライトで、10:30にはホテルに着いたって、最短記録かも~。
しかも、すぐに部屋へ入れました!

CIMG9969.JPG

まあ正直、このホテルには立地以外のものは期待していません。
①アラモアナセンターに直結しているので、買物に便利。
②市バスの発着もアラモアナセンターなので、バスでの移動も便利。
③5/30の某イベントの会場に近いのがイイ
と、この3点のみで選びました。

CIMG9967.JPG

狭いといえば狭いですが、今回は一人旅なので十分です。
デスクの横にある、2人掛けのソファが結構居心地良くて重宝しました。

CIMG9974.JPG

変わったところでは、電子レンジがあったこと。
コンドミニアムならともかく、ホテルでは珍しい。
・・・使いませんでしたけどね(笑)
コーヒーメーカーもありましたが、スリッパやバスローブはありません。

CIMG9978.JPG

当然ながらシャワーは固定式。湯量はまあまあ。
温度調節は、一度レバーをひねりきって(一番熱くして)から戻す。
最初から中途半端なレバー位置にしていると、いつまでも熱くならない。
これ、パークショアもそうだったような?

CIMG9976.JPG

シンク周りもいたってシンプル。
蛇口が邪魔だな~、と思ったら、左右に首振りできるタイプだったので、それは良かった。

CIMG9980.JPG

アメニティも寂しい感じです(笑)
使いませんでしたけどね。

予約手配は、エクスペディア経由です。
最初に予約したときは、スタンダードルーム3泊 ¥73,917 (税込)だったのですが、
直前までキャンセル手数料無料という条件だったので、
為替レートが良くなり、値段が下がるにつれて、予約をキャンセルして取り直す、
という、エクスペディアには迷惑なことを2回ほどして(笑)
¥73,917→¥68,370→¥63,432 と、
最終的には当初の金額より¥10,000ほど安くなりました。
(このホテルは、リゾート・フィーはありません)

このホテル、エアライン・クルーの宿泊先になっているようで、
エアライン・クルー専用のレセプションがあるくらい。
ロビーにはいつもパイロットやCAさんがいて、空港みたいです(笑)

アラモアナセンターへは、連絡通路があります。
アラモアナセンターからだと、Macy's(2F)を突っ切った先にある駐車場の、
さらにその先がホテルとの連絡通路。

無料Wi-Fi あります。パスワードとかは不要。
部屋で飛んでるWi-Fi を探すと、『Ala Moana 540(部屋番号)』とかが見つかるので、
それに接続すればOK。
だけど初日は調子が悪くて、なかなか繋がらずイライラしたので、
ドコモの1Dayパケで繋ぎました。
翌日、ふと思い立って、隣の部屋番号で繋いだら、これが正解。
ようやくWi-Fi が繋がりました。

では、荷物も置いたし、一休みもしたし、出掛けまーす!

nice!(42)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - HOTEL REPORT ブログトップ