So-net無料ブログ作成
HOTEL REPORT ブログトップ
前の10件 | -

宮島コーラルホテル(広島・宮島口) [HOTEL REPORT]

06.jpg

img_point_site04.jpg

宿泊先は、JR宮島口・広電宮島口、そして宮島行きのフェリー乗り場のいずれからも徒歩5分以内、
『宮島コーラルホテル』です。
じゃらんネットによる予約で、JALの往復航空券+1泊宿泊料の合計が¥32,800 でした。

08.jpg

エントランスを入ったすぐ横には、小さいながらもロビースペースがあります。

09.jpg

フロントです。
確か、『ご自由にお持ち下さい』という感じで、入浴剤(バスソルト)の配布もあったと思います。
お部屋は、禁煙・シングルルームの予約だったんですが、
ダブルルームにアップ・グレードされていました。

07.jpg

これはホテルのホームページにもなかった(と思う)情報、『無料パソコンスペース』
といっても、日本語Windows と英語Windows が1台ずつあるだけ。
長時間は使えないけど、イザというときは無いよりはいいのかな?
今はパソコンがなくても、スマホとかで何でも済んじゃうけどね(^^;)

さて、お部屋です。

01.jpg

02.jpg

ダブルぢゃないじゃ~ん!!!(゙ `-´)/
奥の、ミョーに大きなソファーがたぶんソファーベッドで、
「それを使えば2人寝れますよ、だからダブルなんです」ということだと思う。
どちらにしろひとりだからいいけど、なんか騙された気分[パンチ]

ただ、このスーツケース置き場(画像右側の鏡の前)は便利でした。
たった1泊なので荷物はスーツケースに入れたままで出し入れしましたが、
スーツケースを広げて置いてもOKな大きさで、高さもちょうどいい。
下の部分が空いているので、もし荷物を全部出すなら、
空になったスーツケースを下の部分に収納すれば邪魔にもならない。

03.jpg

バスルームです。水回りはかなり残念・・・[バッド(下向き矢印)]
蛇口をお湯に設定しても、温かいお湯が出てくるまでに時間がかかる。
そして水の出が弱い・・・
なまじバスタブが深いので、お湯が貯まるにはかなりの時間がかかりそう。
そんなわけで、シャワーで済ませることになりました。
アップ・グレード(というほどでもなかったわけですが)されたおかげで、
新館から本館になってしまったので(シングルルームは新館にしかないとネットで読んだ覚えが・・・)、
新館だったらそんなことはなかったかも知れません。

04.jpg

化粧台のスペースがないので、ドライヤーなどはここで使う前提なのか、
壁にドライヤーが設置されていました。
が!さすがにこれは使い難いのか、右手のカゴにも黒いドライヤーが(笑)

05.jpg

ナイトウェアとスリッパ、加湿器と湯沸しポットもあり。
ただし、加湿器は自分でお水を入れなくてはならず、入れ方がよくわからないので、
『ま、いいか~』と使いませんでした。
海のそばなので、そんなに乾燥しないかな、という勝手な解釈です(笑)
タオルは枚数が少ないのと(バスタオルとフェイスタオルの2枚)、
薄手で少し硬いのがイマイチ。
無料Wi-Fi あります。ズボンプレッサーは廊下にありました。

10.jpg

このホテルには無料の朝食が付きます。
フェリー乗り場が見える1Fのレストランで提供されました。
メニューは・・・

11.jpg

おにぎり数種類。広島菜があるのが嬉しい。

20.jpg

おにぎりの他にパンもあります。

13.jpg

お味噌汁、コーンスープ、コーヒー。
おかず類は、ウインナー、きんぴらごぼう、ほうれん草の胡麻和え。

14.jpg

左から、生野菜、ツナ、マカロニサラダ、フルーツカクテル。

12.jpg

飲み物は、地元チチヤスの牛乳、野菜ジュース、オレンジジュース、りんごジュース。

15.jpg

これが人気です。チチヤスのヨーグルト。
プレーンと、瀬戸内ネーブルオレンジの2種類でした。

16.jpg

頂いたのは、広島菜のおにぎりとウインナー、マカロニサラダ、
フルーツカクテルと瀬戸内ネーブルオレンジのヨーグルト。

18.jpg

目の前に見えるのは、もうすぐ乗るフェリーの乗り場。

17.jpg

今日は良いお天気になりそう。
それでは、また宮島に向かいます。

nice!(8)  コメント(2) 

ホリデイ・イン・ ヘルシンキ シティ センター(フィンランド・ヘルシンキ) [HOTEL REPORT]

03_1.jpg

ヘルシンキのホテルは、『ホリデイ・イン・ ヘルシンキ シティ センター』。
ヘルシンキ中央駅の目の前という立地の良さで決めました。

02_1.jpg

ルーム・カテゴリーは、エグゼクティブ・ルーム(1 King Bed) です。
エクスペディアの手配で、4泊の料金が税込で約¥64,000でした。

CIMG4323.JPG

部屋に入ったのは、とっぷりと日の暮れた夜の8時過ぎ。
それでも電気が明るいのが嬉しいです。

CIMG4330.JPG

ホテルの照明(特にヨーロッパ)って、間接照明がメインのところが多くて、
日記やメモなどを書く私には不便なことも・・・
その点、この部屋は明るいし、そのうえ、大きなデスクとデスクライトがあって、言うことなし!

CIMG4326.JPG

このチェアも、滞在中はよく利用しました。
ただ、私は一人旅なのでいいけど、二人だったらもうひとつ欲しいところ。

CIMG4338.JPG

洗面所はいたってシンプル。
拡大鏡があるのがポイント高かった。

CIMG4333.JPG

しかし、残念ながらバスタブなしの、シャワーブースのみ[バッド(下向き矢印)]
全部屋シャワーのみというわけではないので、バスタブ付きの部屋を狙って、
少し高いエグゼクティブ・ルームにしたんですが、作戦失敗でした(笑)

CIMG4336.JPG

バス・アメはこんな感じで一通り揃っていますが、
持って行ったものを使ったので、これはほとんど使いませんでした。
唯一使った石鹸が良い香りだったので、ひとつ新品を持ち帰りました。

CIMG4340.JPG

バスローブとスリッパもあります。

CIMG4344.JPG

湯沸しポットと、無料のコーヒー、紅茶、緑茶。
インスタントとはいえ、ホットチョコレートがあるのは珍しいかな。

CIMG4345.JPG

冷蔵庫の中身。
私の宿泊プランは、『ミニバーのソフトドリンク無料』でした。

CIMG4332.JPG

21㎡と聞いていたのですが、それよりも広く感じました。
部屋に入って、すぐにベッドルームという造りではなく、
一度直角に曲がってからベッドルームなので、視覚的なものもあったかもしれません。

01_1.jpg

こちらロビー付近。
カフェになっているので、何か注文しないと座れませんが、カラフルで可愛い空間でした。
一度くらい、ここで朝食を食べようと思っていたのですが、
結局、アクシデントがあって、それも叶わずでした。残念 (>_<)

nice!(27)  コメント(10) 

ホテル ベルファスト、再び (フランス・パリ) [HOTEL REPORT]

12時間半のフライトを終え、パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着しました。
お天気は、残念なことに雨[雨] しかも、かなり強い雨です[バッド(下向き矢印)]

20170914_010519.jpg

いつものように、LE BUS DIRECT(ル・ビュス・ディレクト)=旧エールフランス・バスで、
ホテルに向かいます。
バスの料金は、往復で€30。
日本から、事前にネット購入していました。→ http://www.lebusdirect.com/
3年前は、ネットで購入するとちょっとだけ割引があったんですが、今回は割引はありませんでした。
クレジットカードで支払い、直後に受け取るメールにPDFのチケットが添付されてきますので、
それを印刷して持って行けばOK。

ticket.jpg

こんな感じでバーコードがありますので、乗車時にこの部分を機械に読み取らせます。
モバイルに転送することも出来ますが、電池切れや故障等があるといけないので、
私は紙で持って行きます。
また、以前と同様に、乗車時に購入することも可能のようでした。(現金もクレジットカードもOK)

bus map.jpg

おなじみのルート2のバスに乗ります。
ルート2は、知らない間に、エッフェル塔まで伸長していました。
それを知っていたら、エッフェル塔近くのホテルでも良かったなぁ。
それでも、今回は『HOTL BELFAST』 で正解でした。
この雨の中、両手でスーツケースを2つ引いていたので、傘がさせません(>_<)
「凱旋門・シャンゼリゼ通り」でバスを降りて、ホテルが目の前というのは本当に助かりました!

CIMG4310.JPG

というわけで、3年前にも利用した、『HOTEL BELFAST』 です。
空港バスの乗り降りにも便利ですが、
メトロの駅も目の前、シャンゼリゼ通りも歩いてすぐという好立地のホテルです。

CIMG4312.JPG

エントランスを入って、右手はこんな感じ。フロントデスクは正面です。(写真は撮り忘れました)

今回お部屋は、「凱旋門ビュー」のダブル・ルームをシングルユースで予約していました。

CIMG4053.JPG

部屋に入ると、こんな感じ。せ・・狭いっ[あせあせ(飛び散る汗)]

CIMG4055.JPG

これでダブル・ルーム?どう見ても、シングルにしか見えないんですけどー!(^^;)
まぁ、ひとりなのでいいですけどね。

さて、問題は眺めですよ。
『看板に偽りあり』で、凱旋門が見えなければ、意味がないけど・・・

CIMG4074.JPG

おー!ちゃんと見えるじゃないですか!(←当たり前?)
しかも、凱旋門だけじゃなく、エッフェル塔まで見えるのは嬉しい(*^^*)
これは翌日の朝に撮った写真で、
到着したのは夕方、まだ明るかったんですが・・・

01.jpg

暗くなると、ライトアップされたエッフェル塔も見えました。
実は、着いたらすぐにエッフェル塔を見に行こうと思っていたのですが、
雨は降っているし、パリは思ったよりもずっと寒くて、出掛ける気が失せてしまいました(^^;)

眺めはなかなかのお部屋ですが、いかんせん狭いので、一人旅でなければオススメはしません。

CIMG4058.JPG

バスは一応、バスタブありのハンドシャワーあり。
ただ、これも狭いです。
しかも、シャワーカーテンならぬガラスが、半分もないので、
水を飛び散らさないよう、結構、気を遣います。

CIMG4060.JPG

アメニティは3年前と変わらず。
石鹸は、大好きな『フラゴナール』。

CIMG4057.JPG

備え付けのお茶セット。湯沸しポットがあるのは有難いです。
ところで、今どきこの鍵は・・・
めちゃくちゃ重いので、出掛ける時はフロントに預けるしかありません。
早く部屋に入りたいときに限って、1人しかいないフロント・スタッフが電話してたりして、
かなり面倒[あせあせ(飛び散る汗)]

CIMG4296.JPG

一度も利用しませんでしたが、朝食は、
フロントの奥のこのスペースで提供されています。(€13)
私は朝食なしでエクスペディアを通して予約し、2泊で¥36,760 でした。
他に、City Tax が、 €2.48 ×泊数、現地で徴収されます。
(本来は1人1泊€1.65 なんですが、ダブルルームのシングルユースということで、
1人分×1.5 の計算みたいです。)

最後に、部屋から眺めたエッフェル塔のシャンパン・フラッシュです。
たった7秒なので(笑)、できれば「全画面表示」で見て下さい。
それなりに撮れていると思います。



1日目は、これで終了。

nice!(17)  コメント(7) 

センチュリーロイヤルホテル札幌 (札幌・JR札幌駅前) [HOTEL REPORT]

IMG_20170706_200954_944.jpg

友達のTちゃんと、2泊3日で札幌・富良野・美瑛へ行ってきました。
2泊3日といっても、最初の日は仕事が終わってから
20:15 羽田発のAIR DO で新千歳空港へ。
ホテル到着が23時前後だったので、実質1泊2日のようなものです。

20170708_163729.jpg

宿泊ホテルは、センチュリーロイヤルホテル札幌。
到着日は夜遅いし、翌日は電車で富良野へ移動、というスケジュールのため、
『JR札幌駅から地下道直結』という立地で選びました。

CIMG3929.JPG

一休.com で予約。
2名・2泊 朝食付き・12時チェックアウト(通常11時)で、¥54,000。
(木曜泊・¥24,000+金曜泊・¥30,000)
その場で取得予定のポイント分が差し引けるということで、実際支払額は¥52,920 でした。

CIMG3932.JPG

このホテル、ルームカテゴリーは大きく分けて3つ。
上から、エクスクルーシヴ フロア ・スタイリッシュ フロア・スタンダード フロアで、
スタイリッシュフロアというのは、どうも改装済みフロアという意味みたいです。
予約したのは、スタイリッシュフロア・デラックスツイン指定で、
広さは、34㎡。2人でも十分な広さでした。

ルームレイアウトがちょっと珍しくて、
普通は、入ってすぐに廊下、バス・トイレ、奥にベッドルームだと思うのですが、
この部屋は、廊下、ベッドルーム、奥にバス・トイレでした。

CIMG4029.JPG

ベッドルームの横に、こんな感じの小さなメイクルームがありまして、
ここを入った左手がバスルームになります。
このメイクルームが実に便利でした。
ベッドルームとの境に扉があるので、着替えはここで出来ます。
一人旅ではない場合、着替えをどこでするのかは、結構重要(笑)
それに、バスを使うさい、脱いだもの・これから着るものを
湿気のあるバスルームに持ち込まなくていいのは嬉しい。

CIMG3933.JPG

バスルームは、よくある洗面・バス・トイレが一緒になったタイプ。
改装済みとはいえ、水回りは若干の古さを感じましたが、まあ許容範囲。
タオル類が薄いのは軽くていいんだけど、もう少しふわふわなほうがいい。
これだと、安物感は否めない。

CIMG3937.JPG

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは、ボトルで提供。
Kracie(クラシエ)のZIRA シリーズ。
シャンプーはノンシリコンで、洗い上がりはサラサラ・ツルツルで気持ち良いんですが、
私はノンシリコンシャンプーを使うと、寝ぐせがひどいんですよ(^^;)
案の定、翌日はかなり手間がかかりました(笑)

CIMG3940.JPG

その他のアメニティはこんな感じ。
ボディスポンジやボディタオル、バスソルトがあるのはいいですね。
ただ、北海道なのに、なぜか沖縄と讃岐のバスソルト?

20170709_232956.jpg

ドクターシーラボのメイク落とし・洗顔フォーム・保湿ゲルも嬉しい。
使った分は、翌日補充されます。
歯磨きセットも補充されましたが、使ったものをコップに立てておいたら、
持っていかれてしまいました。
これは、残しておいてくれれば新しいのを使わなくて済んだのに・・・
ちょっと、もったいないなぁ。

CIMG3941.JPG

CIMG3943.JPG

ミネラルウォーターは、1泊1名につき1本無料。
連泊の場合は、利用した分につき補充があります。
コーヒーセットもサービスです。

CIMG3947.JPG

さらに私たちの予約では、『冷蔵庫のドリンク無料』でした。
さすがにソフトドリンクだけですが、嬉しいサービスです(*^^*)

CIMG3948.JPG

用意されているパジャマは、裾の長いシャツのような感じ。
使わせてもらいましたが、可もなく、不可もなく。

他に、プラズマクラスター加湿空気清浄機、ズボンプレッサー・湯沸かしポットなどがありました。
スリッパあり、バスローブなし、無料Wi-Fi あり。
スタッフはとても親切でしたし、なにより立地が便利。
若干お値段が高いですが、他に探したホテルもそれなりのお値段だったので、
シーズン的なものもあるのかも知れません。
朝食もなかなか豪華で、それを考えると1人1泊¥13,000 というのは、
まあまあという印象でした。
その豪華な朝食は、また次回に。

ロイヤルパークホテル(東京・日本橋) [HOTEL REPORT]

IMG_20170408_225517_232.jpg

ラルクのLIVEは東京ドームだったので、
2daysでも、横浜に住んでいる私は普通に通えるんですが、
年初に買った、ロイヤルパークホテルの福袋
(エグゼクティブフロア・スタンダードルーム1泊と、
『シンフォニー』のランチ・ブッフェ券2名分で、¥30,000)
の宿泊券があったので、この機会に泊まってみることにしました。
なんと、ラルクのチケットが取れる前に予約済み(笑)

チェックインが始まる15:00少し前に、ホテルに到着。
エグゼクティブフロア特典で、ラウンジで着席してのチェックインと聞いていたんですが、
普通に1Fのレセプションでのチェックインでした ┐(´-`)┌
お部屋までの案内もなく、キーを渡され、『エレベーターは右手です』と。
そりゃあ、たいした荷物がないのは見ればわかるかも知れないけど、
たいていのホテルは、念のため『お荷物は?』くらい聞いてくれるけどな。
なんだか、期待ハズレの予感・・・[どんっ(衝撃)]

ETD_730_480.jpg

お部屋はこんな感じ。
スタンダード・ツインなので、26㎡。デラックス・ツインだと、もう少し広くて34㎡以上。

CIMG3760.JPG

大きなスーツケースとかがないので、これでも十分な広さです。

CIMG3764.JPG

加湿機能付き空気清浄機はエグゼクティブフロアのみ。
でもね、夜寝るときに部屋のメイン照明を消すと、これも一緒に電源が落ちてしまうの[バッド(下向き矢印)]
コンセントはメインの照明と連動しているらしく、
メイン照明を消しても使えるコンセントは、2つのベッドの間にあるコンセントのみ。
そして、加湿器のコードはそのコンセントに届かない・・・
ハウスキーピングに電話して聞いたら、『加湿器を移動して下さい』だって。
・・・これ、けっこう重いよ?
は?という反応をしていたら、『延長コードをお持ちします』ということになって、
結局、ベッドの間のコンセントから延長コードで加湿器をつないで、なんとか解決。
ホテルの部屋は乾燥するので、加湿器があるのは有難いと思っていたのに、
なんかビミョーな対応・・・。

CIMG3765.JPG

バスルームは、いたって普通。

CIMG3767.JPG

バスアメがロクシタンだったのは、ちょっと嬉しい[るんるん]

CIMG3788.JPG

その他のアメニティ。
ハミガキセット・カミソリ・シャワーキャップ・洗顔フォーム・シェービングジェル。
ペンみたいなのは、携帯用除菌消臭スプレー
ケースに入っているのは、ネイルファイル・櫛・コットン・爪切り・綿棒。
爪切りは、ポーチに入れておくのにいいサイズだったので、もらってきました(^^)

CIMG3791.JPG

マウスウォッシュがあるのも、グー[手(グー)]

CIMG3782tr.jpg

さらに女性客には基礎化粧品のセットがプレゼントされます。
中身は・・・

20170412_194613.jpg

髪どめ・コットン・ローズの香りのバスソルト、
基礎化粧品は資生堂のPHYTO AND ROSE というシリーズで、
メイク落とし・洗顔ミルク・化粧水・乳液。
文句ばかりで悪いけど(笑)、1回分ずつしかない、ってとこがわかってないなぁ。
コンビニのお泊まりセット(夜と朝の2回分が入っている)のほうが優秀(^^;)

CIMG3779.JPG

冷蔵庫の中身。お水が3種類もあるのに・・・

CIMG3774.JPG

さらに、もう一種類(笑)
このミネラル・ウォーターは無料です。ライブに持っていきました。

CIMG3772.JPG

クローゼットの中。ハンガーは十分ありました。
スリッパはパイル地の使い捨てで、なかなか良かったです。
「ホテルのショッパーバッグがあるのは便利」という記述があるブログを読みましたが、
私は使わなかったです。

CIMG3830.JPG

パジャマの上衣を長くしたような、スリープウェア。
サイズはMですが、SやL に交換してもらうことも可能だそうです。
他にバスローブもありました。

さて、エグゼクティブフロアといえばラウンジ
11:00~17:00 のリフレッシュメントサービスの時間に行ってみました。

CIMG3794.JPG

お天気が悪かったので、せっかくの大きな窓も眺めがイマイチ。

CIMG3795.JPG

CIMG3805.JPG

17:00~20:00 のカクテルタイムは混むと思いますが、
お茶の時間なので、まだ空いています。

CIMG3817.JPG

カットしたパンと・・・

CIMG3818.JPG

カップケーキのようなパン(“パン”と表示があった)、クッキー。
ちょっと寂しいなぁ。

飲み物は、

CIMG3813.JPG

フレッシュジュース。

CIMG3824.JPG

コーヒー・紅茶の類。

CIMG3828.JPG

缶・ビン・ペットボトル飲料。

CIMG3799.JPG

とりあえず、お茶してみました。

お酒が飲める方は、カクテルタイムが気になるところだと思いますが、
私はお酒が飲めない & その時間はライブに行っていた、ということで、
カクテルタイムの内容はわかりません。ゴメンナサイ。

朝食(7:00~10:00)も、このラウンジで頂けます。
終了時間近くは混むのでお早めに、と言われていたので、
8:30に行きましたが、大混雑~[あせあせ(飛び散る汗)]
むしろ、9:00を過ぎたらガラガラになりました。

頂いたものはコチラ ↓

IMG_20170409_090148_816.jpg

パンは美味しかったです。
デニッシュ2種と、イチジクの入ったミニ・カンパーニュ。
フルーツ(パイナップル・キウイ・ピンクグレープフルーツ)には、
ヨーグルトとハチミツをかけて頂きました。
サラダのドレッシングは、本当はサウザンアイランドが好きなのですが、
写真写りを考慮して、色味のない和風ドレッシングをチョイス。
こういう配慮が、ブロガーとして成長したかな?(笑)

和食メニューは土・日・祝日のみということで、
日曜日のこの日もありましたが、それほど人気はなかったような。
人気だったのは、やはり目の前で作ってくれるオムレツで、
私もこの後、頂きました。

ゆっくり朝食を頂き、15:00のチェックアウト時間まで部屋で寛ぎ、
ライブ2日目に備えました(笑)
通常のチェックアウトは12:00ですが、
エグゼクティブフロアはレイトチェックアウトを申し込めます。
確約ではありませんが、今回はレイトチェックアウト、OKでした[手(チョキ)]

このロイヤルパークホテルは、『日本橋』となっていますが、
半蔵門線「水天宮前駅」に直結、もしくは、東京シティ・エアターミナル(T-CAT)のお隣、
といったほうがわかりやすいですね。
サービスあれこれで、ん?と思ったことはありましたが、立地は便利だと思います。
部屋から東京タワーが見えたのが嬉しかったですが、あいにくのお天気で、
あまりきれいに見えなかったのは残念でした。

※太字のものはエグゼクティブフロア限定です。
他にも、ボディウォッシュタオル・拡大鏡・フィットネスクラブ利用無料などがあります。

それでは、次回はハワイ旅行記に戻ります!

ドーミーイン金沢で朝食を [HOTEL REPORT]

ドーミーイン金沢の口コミに 『朝食が美味しかった』というのがあったので、
朝食付きのプランを選んでみました。
どんなものがあるのかな~?

CIMG2848.JPG

右端のが、石川県を代表する郷土料理の治部煮。
金沢名物のすだれ麩と鴨肉を煮込んであります。
人気なので、あきらかに他のお料理より減りが早いです(笑)
ちなみにお隣の鉢は肉じゃが。

CIMG2869.JPG

左から、
ホタルイカの佃煮、金平ごぼう、温泉卵、白山豆腐、納豆。

ちょっと混んでいたのであまり写真は撮れませんでしたが、
お値段のわりに品数が多くて、楽しめそうです。
そんななか、私の朝食は・・・

CIMG2858.JPG

私にしては珍しく、和食系の朝ごはんになりました。
右上は、治部煮。これ、本当に美味しかったです!
ビジネスホテルのバフェでもこれだけ美味しいのなら、
ちゃんとしたお店で食べたらどれだけ美味しいのでしょう?
次回はぜひお店で食べてみたいものです。
その左隣のお皿は、
新潟の名物料理、栃尾の油揚げをふっくら焼いたものと、
加賀野菜の五郎島金時。お芋好きなので、地元のお芋が食べられるのは嬉しい(^^)
お汁はかに汁。
残念ながら身は入っていませんが(笑)、香りは楽しめます。
かにの見た目が苦手な私も、これならOK。
ごはんは、ゆかりご飯。もちろん白いごはんもあります。

CIMG2865.JPG

パンはこんな感じ。
金沢名物の、金沢カレーを使ったカレーパンがありました。
金沢カレーの特徴は、ルーが濃厚でドロっとしていて、
キャベツの千切りが付け合せに付いていることらしいですが、
この場合、キャベツの千切りはどうなったのだろう???

CIMG2868.JPG

デザート系。
上段は、プチモンブランとプチたい焼き。
プチたい焼きは食べてくるつもりだったけど、食事が終わったらお腹いっぱいで諦めました。
(このサイズなんだから、今思えば、頑張って食べてくれば良かった ^^;)

CIMG2874.JPG

他にも、北陸名物昆布かまぼこ、金沢名物車麩、加賀野菜源助大根など、
地元の食材を使ったお料理が並びます。
こうやって説明表示されているのも親切。

CIMG2880.JPG

食後のコーヒーは部屋でゆっくり飲みたいな~と思ったら、
ちゃんとカップがありました。
小さなことだけど、有難いサービス。

もうひとつ、このホテルで良いアイディアだなと思ったのは・・・

CIMG2875.JPG

エレベーターの中に、ちょっとした椅子があるんです。
それほど腰かけたいとは思いませんが

CIMG2878.JPG

この中に飲料水や非常用ライトが入っていて、
この椅子自体、非常時にはトイレとして使用できるとか。
非常時などないにこしたことはありませんが、こんなものがあるエレベーターは初めて見ました。
エレベーターの中に椅子、というのは横浜ランドマークタワー内のホテル、
ロイヤルパークホテルで見ましたが、こんな備えはなかったと思います。
どうせ椅子分のスペースを使うなら、こういうものが入っていたほうがいいですよね。

ドーミーインの朝食、口コミ通り美味しかったです。
駅前という立地も便利だし、スタッフさんも感じが良くて、
コスパの良いホテルだと思いました。

CIMG2881.JPG

お腹がいっぱいになったところで、2日目の観光に出掛けます[手(グー)]
ドーミーイン金沢がある金沢駅東口には、伝統芸能に使われる鼓をイメージした『鼓門』が。

さて、年内の更新はこれが最後となりますので、
金沢観光2日目は年が明けてからUPさせて頂きたいと思います。
今年もたくさんの方に読んで頂き、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎え下さい。

【天然温泉 加賀の湧泉】ドーミーイン金沢(石川県・金沢) [HOTEL REPORT]

CIMG2544.JPG

今回の宿は、
『マツコの知らない世界』でも紹介された、人気のビジネスホテル、ドーミーイン金沢。
もっとも、JALの往復運賃とここの1泊の宿泊料(禁煙・セミダブル)の合計が
¥23,300ですから、あんまり期待はしていないのですが・・・

CIMG2800.JPG

部屋へ入ると、廊下とクローゼットとシンクが兼用になったようなスペース。
正面にはドアがあって、いきなりベッドが見えないのは嬉しい配慮。

CIMG2801.JPG

手前左側は、クローゼット的なスペース。
除菌消臭剤を置いてあるホテル、増えましたね。
備え付けの部屋着はよくあるタイプです。
ホテル内はどこでも、この部屋着&スリッパでOKだそうです。

CIMG2805.JPG

クローゼットスペースの向こうがシンク。
小さすぎて、非常に使い難いシンクでした(^^;)
ここで顔を洗うのは至難の業です。

CIMG2809.JPG

シンクの下は冷蔵庫。
湯沸しポットがあるのはいいなぁ。

CIMG2811tr.jpg CIMG2804tr.jpg

ただ、お茶がね。いかにもインスタントな粉末なんです。
金沢といえばお茶どころでもあるんだから、これはちょっと悲しいぞ(>_<)
ついでにいえば、スリッパも使い捨てじゃない。
かろうじてビニール製じゃないのと、
私は夏以外、部屋の中でもソックスを履いているので、
直接素足で履くわけじゃないからいいか、と、このスリッパを使いました。

CIMG2830.JPG

シンクの向かいは、バスとトイレ。
トイレは普通にきれいなトイレ(バスとは別。当然、ウォシュレット付き)ですが、
このホテル、最上階に大浴場があるので、バスはシャワーのみ。
バスアメは、部屋も大浴場もPOLAでした。

CIMG2817.JPG

お部屋はこんな感じ。
12㎡という狭さですが、ひとりだし、大きなスーツケースもないので、まあ許容範囲です。
左側のイス(?)の上にあるカゴに、バスタオルとフェイスタオル、
ランドリー用のビニール袋が入っていました。

CIMG2814.JPG

狭いながらも、デスクがあるのは嬉しいです。
加湿空気清浄機はSHARP製。
お、拡大鏡がある~!と喜んだら、使い方がよくわからなくて、
鏡部分を上にすることが出来なかった[あせあせ(飛び散る汗)]

CIMG2825tr.jpg

充電器も備品でありました。
マルチタイプなので、たいていの機械に使えそうです。

CIMG2831.JPG

便利かも、と思ったのが、TVのこの画面。
レストランやお風呂の混雑状況が、お部屋にいながらにしてわかるんです。

CIMG2833.JPG

このときは、男湯も女湯も『少々混雑』
それでも時間がなかったので行ってみると、ほとんど誰もいませんでした(笑)
こちらの洗面スペースには、コットン・麺棒、クレンジング・化粧水などがありました。

CIMG2841.JPG

どういう機能で混雑度を把握しているのかわかりませんが、
時間差もあるみたいだし、あんまりアテにはならないようです。

CIMG2846.JPG

内風呂は人がいましたので、誰もいない露天風呂のほうを撮ってみました。
内風呂も露天風呂もだいたい同じような大きさで、
5~6人入るときついかな、という感じ。

CIMG2843.JPG

露天風呂といっても壁に囲われていて、天井がないだけ。
でも、顔が熱くならないから、長めに入っていることが出来るので、露天風呂は好き~。
外は見えないんですけど、ベンチの上にある丸窓からチラっと見ることはできます。
まあ、そこまでして見たいほどの眺めではないですが(笑)

さて、前回 『食べたいものがある』 と言っていたアレですが・・・

CIMG2838.JPG

ドーミーインの名物の『夜鳴きそば』
毎日21:30~23:00 の時間に、1Fのレストランで無料で頂けます。
あっさりした醤油ラーメンで、量もそんなに多くないのがいいです。
この時間のラーメンはダイエットの敵ですが、
名物と聞いては食べずにはいられません(^^;)

ドーミーイン金沢は、朝食も美味しいという評判なので、
朝食付きのプランを選びました。
次回はその朝食をご紹介します。

デュシタニ バンコク/クラブラウンジ(朝食②) [HOTEL REPORT]

バンコク4日目。
昨日と同様、クラブフロア・ラウンジで朝食を頂きます。

サラダ・お肉類・フルーツは前回ご紹介したので、
今回は、まずはパン。

CIMG1924.JPG

バゲットは1本まるごと置いてあって、好きなだけ自分でカットするシステム。
そうはいっても、まだ誰も手をつけてないので、手を出しにくいなぁ(笑)
こーゆー変な遠慮は日本人だからでしょうか?それとも、私だけ?(^^;)
写真を見て気が付きましたが、チーズもここにあったんですね。

CIMG2153.JPG

そんな遠慮しいの私にも手を出しやすいデニッシュ類。
もともと菓子パン好きなので~。

CIMG1909.JPG

実は早朝に、パンだけを食べに来ました(笑)
やはり夕べ、ちゃんと夕食を食べてなかったので、お腹が空いてしまって[あせあせ(飛び散る汗)]

そんなわけで、これは2回目の朝食(笑)

CIMG1913.JPG

フレッシュジュースと、カップに入ったフルーツポンチとか、蜂蜜入りのヨーグルト。
その2つは食べてみましたが、両端のものは食べていません。
右側のはオートミールっぽかったので、パスしました。
(オートミール、苦手なので)

CIMG2156tr.jpg

デザートの甘いものも一口ケーキがありました。
朝からケーキは重たいので、一口サイズなのかも知れません。

そんなわけで、2回目の朝食はこんな感じ。

CIMG2160.JPG

そして、もちろんテーブル・オーダーもしてみました。
気になっていたエッグベネディクトです。

CIMG2169.JPG

なんか私の思っていたエッグベネディクトと違う~[バッド(下向き矢印)]
私が思っているエッグベネディクトは、こんな感じ ↓

eggbene.jpg

エッグベネディクトについては、ビジュアル的にも味的にもハワイのうほうが上でした(^^;)
そういえば、前回バンヤンツリー・バンコクに泊まったときも、
ラウンジでエッグベネディクトを頼んで、ちょっとガッカリしたんだっけ(笑)

それでは、デザートを食べに外へ出掛けます。

デュシタニ バンコク/クラブラウンジ(朝食①) [HOTEL REPORT]

バンコク3日目。
今日の朝食はクラブフロアラウンジで頂きます。

CIMG2016.JPG

時間は8:00過ぎといったところなんですけど、誰もいない(^^;)
好きな席を選んで座ると、スタッフがコーヒーか紅茶かを聞きにきてくれます。

CIMG1889.JPG

テラスにも席があります。
室内はもちろん禁煙ですが、外はタバコOKみたいでした。

CIMG1887.JPG

基本的にはバフェですが、卵料理などはテーブル・オーダーになっています。
よく、目の前でオムレツを作ってくれるサービスがありますが、
それよりもメニューが豊富で嬉しい(^^)

テーブル・オーダーのメニューはこちら。(クリックで拡大します)

CIMG1886tr.jpg

目玉焼きやスクランブル・エッグ、オムレツといった卵料理はもちろん、
お粥やフレンチトースト、パンケーキ、
ベジタリアンのための卵を使わないマッシュルーム・パイなど、
メニュー豊富です。

バフェのほうも少し紹介すると・・・

CIMG2009.JPG

サラダ。
グリーンアスパラがカットされないままあるのは嬉しい。
ありそうで、結構珍しいと思いました。

CIMG2003.JPG

ソーセージなどのお肉類。

CIMG1899.JPG

ハムやサラミなどはこちら。
手前側に、焼き野菜と、なぜか巻き寿司。

CIMG1914.JPG

フルーツは、ドラゴンフルーツ・スイカ・パイナップル、
パパイヤ・メロン・マンゴーと、南国らしい品揃え。

私が食べたものは、まずはサラダとヨーグルト。

CIMG2013.JPG

テーブル・オーダーしたものは、クリスピー・ワッフル。

CIMG2020.JPG

ホントは、シロップとホイップクリームとベリーが付くはずなのですが、
なぜかベリーだけ付いていなかった(^^;)
こんなことはタイではよくあることなので、私もマイペンライ(気にしない)です。
ワッフルはサクサクで美味し~い。

ベリーが付いてこなかった分、フルーツも頂きます。

CIMG2022.JPG

私は酸っぱいフルーツよりも甘いフルーツが好きなので、
こちらのほうが良かった(笑)
パパイヤのそばにはちゃんと小さくカットしたライムがあったので、
ライムを絞ってパパイヤを頂きます。
レモンを絞る方もいますが、私はライムを絞るほうが好き。
酸っぱくなることなく、サッパリと爽やかです。

さて、しっかり朝食を頂いたので、外へ出掛けます。

デュシタニ バンコク/クラブラウンジ(カクテルタイム) [HOTEL REPORT]

・・・というわけで、3Fのクラブフロアラウンジへやってきました。

CIMG1882.JPG

CIMG1883.JPG

あっ、なんだか居心地良さそう♪
これは帰りがけに撮った写真なので誰もいませんが、
行ったときには、3~4組の方がいらっしゃいました。
時間帯は、17:30から19:30までのカクテルタイムの終了間際。
カクテルタイムが終わった途端、みなさん帰られてしまったので、
誰もいない写真が撮れたんです(^^;)

席を選んで座ると、すぐにスタッフが飲み物を聞きにきてくれます。
カクテルタイムですが、私はお酒が飲めないのでコーヒーを。
では、隣の部屋に用意してある食べ物を見に行ってきます。

CIMG1865.JPG

さすがにカクテルタイムなので、お酒のおつまみに良さそうなものが中心です。
チーズにオリーブ、ナッツやドライフルーツなど。

CIMG1866.JPG

カクテルグラスに入った、小海老のサラダ。これ、美味しそう!

CIMG1873.JPG

パンにチーズにワインという食べ方でしょうか?
それとも単に、小腹が空いた人のため?
パンも用意してありました。

CIMG1876.JPG

見せ方もおしゃれですね。
下から、カントリースタイルのパテをトーストに乗せたもの、
野菜スティックにヨーグルトをディップするもの、
小さなバンズにスモークハムとオニオンを挟んだもの。

CIMG1871.JPG

私のように下戸のためでしょうか。
甘いものとフルーツも少しありました。

そんな中で、このときに私が頂いたものは、こちら。

CIMG1880.JPG

小海老のサラダが美味しそうだと思ったので真っ先に取りましたが、
これが辛かった[あせあせ(飛び散る汗)] タイ風サラダです。
辛いものが好きな方にはどうってことない辛さだと思いますが、
私は辛いものが苦手なので(^^;) ← じゃあ、なぜタイに行く?(笑)
点心は美味しかったです。特に海老シュウマイはプリプリ~。
串ものは、アサリを醤油?で煮たもの、あとはサテーかな?焼き鳥みたいでした。

違う日のこの時間帯に頂いたものはこちら。

CIMG2239.JPG

この野菜スティックは美味しかった~。
ディップするヨーグルトには、ミントがはいっているようです。
海老を春巻き風にしたものは、味が少し物足りない感じ。
もしかしたら、お料理のそばに調味料があって、
取るときにかけてくるものだったのかも知れません。
飲み物はアップルジュースです(笑)

CIMG2240.JPG

さらにフルーツとチョコレートケーキを頂きました。
チョコレートケーキ、甘~い。

サービスとしては上質なのでしょうが、飲み物はいちいちスタッフが聞きに来てくれるスタイル。
お酒がサービスされる時間はきっちりしているようで、19:30少し前にラスト・オーダーを聞かれます。
バンヤンツリーのラウンジのように、冷蔵庫に自分で取りに行くスタイルなら、
缶ビールを数本持ち出して、お部屋で続きを飲むことも出来ますが、
このスタイルは呑んべえさんにはどうなんでしょうか?
私は飲まないので関係ないかというと、そうでもなくて・・・
実は、シンハーとかビア・チャンとか、タイのビールをお土産にしようと思ってるとき、
ラウンジによっては、無料で手に入ってしまうのですよ。セコい話ですが(笑)

今回はそんなつもりもなかったのでOKですが、
飲む人にはやっぱり缶ビールより、ちゃんとグラスに注がれたビールのほうがいいのかな?
そんな感じで1日目が終了。
明日から外に出るぞ![手(グー)]

前の10件 | - HOTEL REPORT ブログトップ