So-net無料ブログ作成
旅行メモ(イタリア) ブログトップ
前の10件 | -

フィウミチーノ空港 ラウンジ&JAL ローマ~成田 5064便(Yクラス) [旅行メモ(イタリア)]


あっという間の5泊7日でした。いよいよ帰国です。
朝食のあとパッキングをして、11:00にチェックアウト。
少し早いですが、そのまま空港に向かいます。
チェックインは日本人ツアー客とかち合ってしまい、時間がかかったのでちょうど良いくらいでした。

帰りはJALではなく、アリタリアとのコードシェア便。
アリタリア機材なのでアリタリアのカウンターになります。
アリタリアはチェックイン・バゲージの重量制限に厳しいことで有名で、20kgまでです。
私たちは行きにJALの機内販売で「森伊蔵」(お酒)を買っているので、
当然それは液体ということでチェックイン・バゲージにしなければならず、
重さにはずいぶん気を遣っていました。
案外重たいのがチョコレートで、パッケージに記載されている重量を計算したりしました(笑)。
おかげで私は18.9kgで一発OKだったのですが、
となりのカウンターの、ツアーで来ているおばさまが25.6kgと重量オーバー。
添乗員が飛んで来て、その場でスーツケースを広げ、荷物調整を始めました。
みんなに覗き込まれ恥ずかしそうですが、超過料金は1kg=30€。
¥23,400も払いたくないでしょうから、しかたありません。

チェックインを済ませてパスポートコントロールを抜け、次は免税手続きです。
免税になったものはFURLAで買ったバッグふたつと母のお土産のお財布、
ブルガリで買った自分のお財布の4品。すぐに終わりました。
少し免税店を覗きましたが、欲しいものもなかったので、ラウンジに行くことにしました。

DSC00611_1.JPG

JALはGゲートなので、モノレールに乗って移動します。
Gゲート付近にはこんなお店があります ↓ 
フェラガモやファブリアーノ、フェラーリストアでお買物するかたは、モノレールに乗る手前でどうぞ。

DSC00616_1.JPG


続きを読む


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ユーロスターで行く、フィレンツェ&ピサ1日観光/ピサ編(オプショナル・ツアー) [旅行メモ(イタリア)]

[雨]の心配をしながら、[バス]で西へ1時間半、ピサに向かいます。
今回のイタリア旅行、どうやら私たちはお天気には恵まれていたみたいで、
カプリ島のときと同じく、ピサに着いたら青空が広がっていました。
ただし、風が強くて肌寒かったし、ピサの斜塔の前で撮った写真[カメラ]は、
髪の毛がぼうぼうで見られたものではありませんが(笑)。

さて、斜塔ばかりが有名ですが、斜塔は鐘楼なので、
隣にはもっと大きなドゥオモ(大聖堂)、さらに隣に洗礼堂が並んでいます。

DSC00595_1.JPG

位置関係は左から洗礼堂、ドゥオモ、斜塔(鐘楼)です。

DSC00596_1.JPG

写真で見ると、手前から洗礼堂、ドゥオモ、斜塔の順。

続きを読む


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ユーロスターで行く、フィレンツェ&ピサ1日観光/フィレンツェ編(オプショナル・ツアー) [旅行メモ(イタリア)]


今日はハードなスケジュールなので朝が早いです。4:40起床。
ふたたびマイバス社の、『ユーロスターで行く、フィレンツェ&ピサ1日観光ツアー』に参加します。

オプショナル・ツアーといってもこれはちょっと複雑で、
ローマ・フィレンツェ往復のユーロスターのチケット手配+フィレンツェ発半日市内観光+
フィレンツェ発ピサ斜塔観光という3つを組み合わせたものになります。
ユーロスターはチケット手配だけなので、乗り降りはもちろん自己責任。

まずは6:15のユーロスターに乗るために、テルミニ駅に行かなければなりません。
チケットを受け取ったさいに、「地下鉄はまだ動いてないと思うから、タクシーを使って。
ホームが何番になるか事前にはわからないので、駅でホームを確認する時間も必要だから
6:00には駅に着くように」と言われたので、タクシー乗り場へ。
タクシー乗り場はホテルのすぐ前にあるのですが、早朝なので果たしてタクシーが待っているだろうか?
もし待っていなければホテルに引き返して呼んでもらわなくちゃならない、
という心配のもと、5:30にホテルを出ました。
幸いタクシーは何台か停まっていて、10分ほどでテルミニ駅に着きました。
こうなるとちょっと早く着きすぎで、列車の時間まであと30分もあります[たらーっ(汗)]
まだ日も出ていない時間なので、かなり寒い思いをしました。

ようやく時間になってユーロスターに乗り込みます。

DSC00480_1.JPG

2等ですが、座席指定なので確実に座れます。
フィレンツェまで1時間40分、[電車]の旅。もっともほとんど寝てましたが(笑)。

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ローマでお散歩 '10 [旅行メモ(イタリア)]

この前日と翌日にハードなオプショナル・ツアーを組んでいるため、
この日は、無理をしない程度に買物でもして過ごそうという予定です。
ホテルで朝食を済ませたあと、トレビの泉までお散歩しました。

DSC00373_1.JPG

まだ1組の団体客も着いていないせいか、信じられないくらいガラガラ。
人はほとんどいません。
こんなに空いているトレビの泉は初めてです。
お約束の、後ろを向いてコインを投げ込み、再訪を願いました。

お店が開く10:30近くになったので、スペイン階段・コンドッティ通りに戻ります。
とても暖かかったので、まずスペイン階段の前でピスタチオのジェラードを食べました。

DSC00377_1.JPG

スペイン階段では飲食が禁止なので、[カチンコ]『ローマの休日』の真似をして、
階段に座ってジェラードを食べるのはNGです、とガイドブックには書いてありますが、
ジェラードはおろか、マックのポテトやハンバーガーまでみんな堂々と食べていました[パンチ]


続きを読む


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カプリ島と青の洞窟 1日観光(オプショナル・ツアー) [旅行メモ(イタリア)]


本日は、早くも今回の旅行のハイライト(笑)、
マイバス社の『カプリ島と青の洞窟 1日観光ツアー』に参加します。
当初私は今回のイタリア旅行で、ミラノ・ステイのヴェネチア日帰りを計画していましたが、
一緒に行くことになったTちゃんが、『青の洞窟に行きたい』と言いだし、
[TV]『弾丸トラベラー』の青の洞窟編のVTRまで使ってプレゼンテーションを行ったため(笑)
このツアーに参加することになりました。
ご存じの方も多いと思いますが、青の洞窟は海の中の本当に小さな入口から入るため、
ちょっとでも海が荒れていたら入ることができません。
入場率は季節によって違いますが(夏のほうが入場率が高い)
年間平均で60%前後だそうです。
実際Tちゃんもこれが2回目。前回は天気は良かったものの、波が高くて入れなかったとか。

さて、朝6:30にホテルのロビーでピックアップを待ちます。
私たちが最初のホテルだったようで、その後各ホテルを順に回り、
バスは3時間(休憩を含む)かけてナポリに向かいます。

DSC00228_1.JPG
ナポリはさすが港町。ビルの上にまで[船]

日本でイタリアのお天気を調べたとき、この日のナポリは[雨]の予報でした。
ナポリに到着すると、やっぱり[雨]
これで青の洞窟入場はほとんど諦めました[バッド(下向き矢印)]

それでも高速船に乗って50分、カプリ島に向かいます。

DSC00226_1.JPG
ここがチケットオフィス。

DSC00229_1.JPG
ボーディング・パスです。

DSC00233_1.JPG
この高速船に乗り込みます。

続きを読む


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サクラ・ラウンジ&JAL 成田~ローマ 409便(Cクラス) [旅行メモ(イタリア)]


会計事務所にとって一番の繁忙期である確定申告時期もどうにか終わったので、
3/28から5泊7日でイタリアへ行って来ました[手(チョキ)]

[飛行機]チケットはJAL悟空で往復エコノミーを取っていましたが、
往路はマイルを使ってCクラスにアップグレード[グッド(上向き矢印)]しました。
通常、悟空チケットはマイルでのアップグレードはできませんが、
3/31までのキャンペーン期間中だったため可能になりました。ギリギリでしたね[あせあせ(飛び散る汗)]
なので、復路は残念ながらアップグレード対象外。
どのみち復路はアリタリアとの共同運航便でアリタリア機材のため、もともと対象外なのですが。
そんなわけで、片道分の27,500マイルが引き落とされました。
ちなみに、アップグレード手続きができるようになったのは3月に入ってから。
ギリギリまでちゃんとお金を払って乗ってくれるお客さんを待っていたのでしょうね。
今回の同行者のTちゃんは、マイルを使った特典チケットでエコノミーに乗っています。
JALにとってあまり有難くないお客の私たち(笑)。

ともあれCクラスなので、成田ではサクラ・ラウンジが使えます。
さっそく行ってみましょう。

DSC00122_1.JPG



続きを読む


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアのVAT還付金 [旅行メモ(イタリア)]

3月の終わりから4月の初めにかけて旅行した、イタリアのVAT(付加価値税)が
ようやく還付されました。

 一番早かったのは、やっぱりGlobal Refund 社でした。
この会社は成田にもカウンターがありますし、日本語のホームページもあって、
日本人にとって一番便利な会社ではないでしょうか。
フィレンツェ・フランクフルトの空港でも、ちゃんとカウンターが開いていて
(当たり前のような感じがしますが、会社によっては営業時間内にもかかわらず
開いてないカウンターもあったので…)、安心感がありました。
還付方法は『クレジットカードに返金』です。
利用代金から差し引かれるか、利用代金がないときは引落口座に返金されるシステムで、
当然、日本円に換算されますが、手数料がかかるのでレートはあまり良くないです。
65.35ユーロで10,065円。1ユーロ=154.02円。
利用明細書の日付は5/22でしたが、ちなみにこの日のレートは1ユーロ=163.40円
(Yahoo!ファイナンス調べ)でした。

次に還付されたのはTax Refund S.p.A.という会社で、
ナラ・カミーチェの分です。これが一番、問題でした。
問題は買い物した時点からで、店員さんが免税申請書に慣れてなくて、
書いてもらうのに一苦労。よく見たら、還付金額が書いてありませんでした。
そのため還付金額がいくらだったのかわからないのですが、多分23ユーロ程度だと思います。
そして空港で。
品物を見せて税関印をもらった後、どうするかで迷いました。
マイナーな会社だと思うので、カウンターがないのはしかたないにしても
(イタリアじゃなくてドイツの空港だし…)、専用のポストもありません。
JALのスタッフさんに相談してみたら、封筒を見て
(たいてい、免税申請書と一緒にその会社あての封筒をくれます)
『一般のポストに投函するみたいですね。この近くにポストはないので、出しておいてあげますよ』
とのこと。
JALのスタッフさんなら信用できると思い、お願いすることにしました。
これも『クレジットカードに返金』です。
JALのスタッフさんも確認してましたから、間違いないのですが…
米ドル建ての小切手で返ってきました。25.55USD。
聞いたこともないイタリアの銀行のニューヨーク支店の小切手です。
外国銀行発行の小切手を日本で換金しようとすると、手数料が何千円もすると聞いていたので、
送り返して、再度クレジットカードに返金してくれるよう頼もうかと思いましたが、
一応シティバンクに問い合わせてみたところ、
米ドル建て小切手なら1枚1,000円の手数料で済むとのこと。(口座を持っているのが条件)
辞書を引きながら英文レターを書くのも面倒だし、この会社を信用できなくなっていたので、
シティバンクに取立依頼をしました。
おりしもドル高だったので、1ドル=120.72円の高レート。
手数料の1,000円を差し引いて、2,084円が口座に入金されました。
(入金までに20日程度かかります)
それにしても、ユーロ→米ドル→日本円と換金したため、かなり目減りしています。

最後に還付されたのは、Premier Tax Free 社でした。
ルフトハンザ航空のグッズを扱う“WorldShop”でRIMOWAを購入した分です。
Premier Tax Free 社のカウンターはフランクフルト空港にありましたが、人がいません。
幸いトランジットが5時間もあったので、しばらく待ってみましたが、戻ってくる気配もなし。
案内板を確認しても確かに営業時間内なのに。
しかも例の封筒をもらってなかったので、ポストに投函という訳にもいかず…。
しかたなく日本に帰ってから、自前の封筒にドイツの住所を書いて郵送しました。
その分も遅くなったのでしょう。クレジットカードの明細によると、返金されたのは7/12。
54ユーロが8,678円。1ユーロ=160.70円の計算です。
この日のレートが1ユーロ=168.74円。ユーロ高だったので、思ったより戻ってきました。

このころはホントにユーロ高・ドル高でしたね。
シティバンクに米ドル預金を持っていますが、普通預金にしてたドルは、
全部円に換えてしまいました。
1ドル=112.93円で買ったドルを120.95円で売ったので、多少の利益がありました。
あとは1ドル=106.40円という、今では考えられない円高のときに作った定期預金で、
これは満期後、普通預金にして、トラベラーズチェックで引き出すつもりです。
口座を持っているとトラベラーズチェックの手数料がかからないので、
もともとそうするつもりでレートの良いときにドルに換えていたのですが、
トラベラーズチェックは使うときにサインするのが面倒だし、
目先のポイントが欲しくて、ついクレジットカードを使ってしまったりで、
最近はトラベラーズチェックを作っていませんでした。
でも、このまま円安・ドル高ならば、せっかく良いときに換金したものを
使わないテはありません。
もっともしばらくは米ドルを使う国に旅行する予定はないのですが(^ ^;)
ところで円に換金した翌週から、どんどんドルが値を下げてしまいました。
まぁ、いい時期に換金出来たのではないでしょうか。
これから夏休みで海外に行く方も多いと思いますので、
ユーロもドルも安くなって良かったですよね、きっと ♪


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

フィレンツェ~フランクフルト空港…そして帰国 / イタリア旅行記DATE:7 [旅行メモ(イタリア)]

4/3(TUE)

あっという間のイタリア旅行、今日はもう帰国です。
12:00にチェックアウト、12:30にホテルピックアップ。
フィレンツェ空港(アメリゴ・ヴェスプッチ空港) に向かいます。
空港は1年ほど前に改装が行われたそうで、以前よりお店が増えた印象です。

さて、空港に着いたらまずは免税手続きです。
スーツケースに入れる免税品は、ここで手続きをしてからスーツケースに収め、
次にチェックイン、荷物を預けるという段取りです。

轟沈さんからツッコミがあったので改めて―
私は『今日RIMOWA、絶対買っちゃうし~!』なので、
重量オーバーを避けようと、免税品すべてを手荷物にしたため、
EU圏最終出発地のフランクフルト空港で免税手続きを行います。
Tちゃんが免税手続きをしてる間、
ボーっと待ってた私が興味を持ったのはコレ↓

続きを読む


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日曜日のフィレンツェ / イタリア旅行記 DATE:5 [旅行メモ(イタリア)]

4/1(SUN)

フィレンツェのホテルはPitti Palace Hotel といい、
ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)を渡ってすぐのところにあります。

 右手がフロント

 小さいロビー

 お部屋

立地は最高に便利なのですが、ローマのホテルに比べると、何もかもが古いし狭い。
特にバスルームの狭さには閉口しました。
こちらも朝食付きですが、内容はやはりローマのホテルのほうが良かった。
こんな感じです↓

 

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

JAL ユーロエクスプレス・バスの旅 / イタリア旅行記 DATE:4 [旅行メモ(イタリア)]

3/31(SAT)

昨夜のうちにTちゃんとも無事合流。今日はJALユーロエクスプレスというバスで、
ローマ→シエナ→サンジミニャーノ→フィレンツェと移動します。

8:00にホテルをチェックアウト。ロビーで待っていると、日本語堪能なイタリア人女性が
迎えに来てくれました。
バスに乗り込みおよそ3時間、まずはシエナに向かいます。

もう少しでシエナです。車窓から見たトスカーナの風景。緑が綺麗でした。

続きを読む


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行メモ(イタリア) ブログトップ