So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行メモ(タイ) ブログトップ
前の10件 | -

バンコク・スワンナプーム空港 CIP ラウンジ & タイ土産 [旅行メモ(タイ)]

バンコク5日目、帰国日です。
フライトが9:45 と早いため、朝食抜きで6:30 にホテルをチェックアウト、
タクシーで空港へ向かいます。

ホテルでタクシーを呼んでもらいましたが、
ドライバーは、『メーターではなく、500B じゃないと行かない』、と。
ドアマンは申し訳なさそうでしたが、
バンコクではよくあることなので(特にホテルで呼んでもらった場合に多い)、
『それでいいから』と言いました。
バンコク到着時にはメーターを使いましたが、
空港からホテルまで、高速代などを入れて400B近くかかっているので、
100B(¥300)くらいの差額なら、チップだと思って、すんなり乗ったほうが気持ちいいと思うんです。
この時間は道路が空いているので、実際メーターで走ったらもっと安いと思いますが、
旅の最後にモメて、思い出を台無しにするのはもったいないですし。

そんなわけで、無事にバンコク・スワンナプーム空港へ到着。
さっそく朝食を食べに、ラウンジへ直行[手(グー)]

CIMG2265.JPG

スワンナプーム空港に、4ヶ所か、5ヶ所ある、『Louis' Tavern CIP Lounge』
私はプライオリティ・パスで入りました。
同じ意見の方がいらっしゃるようですが、海外のサクラ・ラウンジ(JAL)は、なんかしょぼい[バッド(下向き矢印)]ので、
私もスワンナプーム空港では、サクラ・ラウンジより、このCIPラウンジの方が好きです。
(ただし、スワンナプーム空港のサクラ・ラウンジは、
2016年11月1日よりリニューアル工事をしているそうなので、
リニューアル後は良くなっているかも知れません)

CIMG2297.JPG

内部はこんな感じ。
食事にも適した、ある程度の高さのテーブルと・・・

CIMG2300.JPG

ゆったりしたソファ席もあります。

CIMG2290.JPG

奥の方にダイニングがあります。
このラウンジは、入室するのにハードルが低いわりに飲食が充実していますよ!

CIMG2269.JPG CIMG2271.JPG

飲み物は、冷蔵庫にジュースとビールがありました。
ビールは、ハイネケンの他は、シンハーやビア・チャンといったタイのビール。

CIMG2275.JPG

ウイスキーなどはこちらに。
フルーツやパン類も。

CIMG2278.JPG

ミートパイなど、パイ類は温かく食べられる装置に入っていました。

CIMG2286.JPG

私が食べたもの。
パイが2種類、レーズンのパンとサンドイッチ。
サンドイッチはひとつひとつ包装されているので、
衛生面も良いし、パサパサになるのも防げそう。

CIMG2293.JPG

何種類かあったけど、けっこう具沢山のサンドイッチです。

CIMG2292.JPG

すでにお腹はいっぱいだけど、炒飯好きなので、炒飯をみつけたらスルーできず(笑)
こちらは味はイマイチ。(というか、普通。美味しい!というほどではないという意味)
コーヒーはマシンがあって、
ブラック・カフェラテ・カプチーノ・エスプレッソ・ホットチョコレートなどから選べました。

さすがに食べ過ぎたので(^^;)、運動がてら空港内を歩きます。

20160912_095248.jpg

スワンナプーム空港は、ショップが充実していて楽しいです。

20160912_095359tr.jpg

タイらしい、色とりどりのオーキッド(洋蘭)の箱詰め。
長持ちさせる自信がなかったので買わなかったけど、かなり欲しかった!

そんなこんなで搭乗時間となりました。
9:45 バンコク発JAL32便で帰国します。

CIMG2305.JPG

帰りの機内食。
牛肉のニンニク黒こしょう炒め・炒飯添え  または、
鶏唐揚げおろし添えと炊き込みご飯

タイ風チキンサラダ、茄子の揚げ煮、フレッシュサラダ、フルーツ、
ハーゲンダッツアイスクリーム。

ラウンジで炒飯を食べてしまったからと、鶏唐揚げにしたんですが、
これが美味しくなかった[あせあせ(飛び散る汗)]
サラダとフルーツ以外、ほとんどを残してしまったので、
ラウンジでいっぱい食べておいて良かった!

これでバンコク旅行記はお終いです。
いつもなら最終回に買ったものをご紹介するのですが、
今回はほとんどを記事の中で書いてしまったので、最後に少しだけ。

CIMG2244.JPG

デンティスは日本で買うとお高いハミガキですが、タイで買うと激安です。
口臭予防に良いし、味もマイルドで気に入っているので、タイで大量買い。
左から、90g×2本パック 189B(¥567)、
お土産用の50g 79B(¥237)、
トラベル用のミニサイズ 45B(¥135)、
日本未発売のホワイトニングバージョン 215B(¥645)
私はドラッグストアのBoots で買いましたが、
意外なことに高級デパートのサイアム・パラゴンの地下のスーパーのほうが安かったです。
例えば、ホワイトニングはサイアム・パラゴンだと189B(¥567)

CIMG2249.JPG

真ん中がタイ土産の定番、プリッツ・ラーブ味(タイ限定)。
サイアム・パラゴンでは1箱13B(¥39)だったのに、空港では1箱30B(¥90)だって!(@_@)
タイではポピュラーなお菓子メーカー、EURO。
カスタードケーキというのを買ってみました。42B(¥126)。
なんというか、懐かしい感じ? 昭和っぽいのかも(笑)

CIMG2252.JPG

キャラクターものは、日本では見かけないものもあって、好きな人には楽しいと思います。
日本製品は、日本の価格とほぼ同額。ちょっとだけ安いかな~、という感じ。
左端のワックスシートは、普段私が使っているものと同じなんですが、
『日本の半額だぁ!』と買ってきたら、入ってる枚数も半分だった、というオチ(笑)

というわけで、バンコク旅行記に長いことお付き合い頂き、ありがとうございました。
辛いお料理は苦手だけど、物価が安いのが魅力のタイは、また近いうちに訪れたいです(^^)/

★オマケの話★

CIMG5891.JPG

少し前に、『4回目(というか、片道を1回と数えると7回目)のファーストクラスに乗れる!』
と騒いでおりましたが、
『本当はヘルシンキに行きたいけど、ヘルシンキはファーストクラスの設定がない』
とも言っていました。
それでしかたなくパリ行きを考えていたのですが、どうしてもヘルシンキに行きたくて、
結局、行きはファーストクラスでパリへ
パリで2泊して、購入チケット(まだ買ってないけど)でヘルシンキへ移動。
ヘルシンキで3泊して、帰りはヘルシンキからビジネスクラスで帰ってくることにしました。
来年9月の話ですが、予約もすでに取れています。
この予約に135,000マイル使いましたが、
購入すれば150万円くらいするらしいので、自腹じゃ乗れません(^^;)
ヘルシンキは初めてなので、オススメの場所やお店、アドバイスなどありましたら
教えて下さいm(_ _)m

nice!(35)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』への道で、猫天国を発見! [旅行メモ(タイ)]

プールから部屋へ戻り、シャワーを浴びてから、
カオマンガイを食べに出掛けます。

バンコクでカオマンガイといえば、あまりに有名なピンクのカオマンガイやさん、
『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』!
行き方は、前回行ったときの記事を参照して下さい
http://o-sama-to-hawaii.blog.so-net.ne.jp/2013-11-07

さて、
その『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』へ向かう途中、橋を渡りますが、
その橋から見るとこんな景色の Water Gate Pratunam。

CIMG2234.JPG

運河ボートの発着場なんですが、その屋根がなんと猫天国でした(*^^*)

CIMG2225.JPG

ズームすると・・・

CIMG2223.JPG

可愛い~[るんるん]

ブルーの看板の裏側にも・・・

CIMG2229.JPG

点々とにゃんこが。

CIMG2232.JPG

CIMG2233.JPG

こんなところに猫天国(いや、猫好き天国か)があったなんて、
前回は気が付かなかったよ~。
前回は朝行ったんだけど、今回は夕方近かったから、時間帯が違うせいかも。

そんなわけで、『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』

CIMG2210.JPG

営業時間は、5:30~14:30、17:00~4:00。
17:30頃に行きましたが、すでに満席です。

CIMG2205.JPG

CIMG2209.JPG

3年前に比べて、ちょっとキレイになったかな?
日本にも、渋谷・川崎・福岡に出店したし、上り調子なんでしょう(笑)

CIMG2213.JPG

メニューにもちょっと変化があって、
カオマンガイは、小サイズ 40B (¥120)のみになっていました。
(3年前は大サイズ 60B もあったのに)

2832667.jpg

カオマンガイというのは、
チキンスープで炊いたご飯の上にゆでた鶏肉をのせたチキンライス。
私の大好きなローカルフードで、タイ以外でもシンガポールなどで食べられます。
辛くないしね(笑)
(添えられたタレは辛いです[あせあせ(飛び散る汗)]かけすぎに注意)

CIMG2218.JPG

オリジナルのペットボトルに入ったお水。
ピンクが可愛いので、思わず買ってしまいました。10B(¥30)
ただ、残念ながら冷えてなかったので、そのままホテルまでお持ち帰り(笑)

『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』は、
バンコクで、どうしても再訪したかったお店です。
久しぶりに食べられて、良かった(^^)v
と、これを書いていたら、また食べたくなってしまいました(笑)
川崎はラゾーナの中で、100席もあるらしいので、行ってみようかな。
でも、チキンライスなら『海南鶏飯食堂』にも行ってみたいところ。

この後、例のコスプレ写真を受け取りに行って、バンコク4日目終了です。

nice!(34)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デザートを食べ損ね、プールでまったり。 [旅行メモ(タイ)]

ラウンジで朝食を頂いたときに、
甘いものに手を出さなかったのには理由がありました。

BTSアソーク駅のそばに行きたいカフェがあって、
デザートはそこで、と思って出掛けたんです。

ところが・・・

CIMG2175.JPG

ガーン[あせあせ(飛び散る汗)] お休み?! ( ̄□ ̄;)

『Little Spoon』 というカフェなんですが、ガイドブックには月曜定休だと書いてありました。
あとで facebook を見たら、日曜定休になってたぁ~。

facebook → https://www.facebook.com/cafelittlespoon/about/

ううっ、やはり最新の情報で確認しておくべきだったなぁ。

ここで、こんな可愛い

little spoon.jpg

アフォガート(バニラアイスにエスプレッソをかけて食べるイタリアのデザート)
を食べる予定だったのに・・・

snowman.jpg

ここのアイスはスノーマンなんです [るんるん] 可愛いでしょ?
食べたかったな[バッド(下向き矢印)]

しかたなく、もうひとつの用事を済ますことに。

blez-pharmacy-asok.jpg

やはりBTSアソーク駅のそばにある、日本人スタッフ常駐のブレズ薬局。
現地在住の日本人の駆け込み寺的存在なんだそうです。
ちゃんと日本人のスタッフさんがいらしたので、日本語でお買物できました[手(チョキ)]

CIMG2204.JPG

買ったものは、

シミで悩む母へのお土産、『レチンAクリーム』 240B(¥720)。
シミ・シワを改善するビタミンA誘導体が配合されたクリームなのですが、
残念ながら日本ではまだ認可されていないため、手に入りません。
(ネットなどで個人輸入する形で買うことはできますが、お値段は倍くらいです)

そして自分用に、まつげ育毛剤(笑)、『ルミガン』 600B(¥1,800)。
これは緑内障治療の目薬なんですが、副作用としてまつげが伸びることがわかり、
まつげ育毛剤として使う人が多いとか。
これも日本では処方箋がないと買えないらしいです。
まつげ育毛剤として使う場合は、点眼せずに、ベビー用綿棒に1滴だけ含ませて、
まつげの生え際にちょんちょんと塗るだけ。

どちらも薬なので、副作用がないとは言い切れませんが、
(レチンのほうは紫外線に当てないよう注意、
ルミガンはまれに色素沈着することがあるそうです)
とりあえず母も私も今のところ問題なく、むしろ効果があって喜んでいます。
まあ、私のまつげが伸びたというのは、『気のせい?』という程度ですが(^^;)
購入する場合は、自己責任でね。

あと、ブレズ薬局はクレジットカードが使えますが、その場合は手数料2%が加算されます。

そんなわけで、デザートを食べ損ねてホテルへ戻ってきました。
せっかくのいいホテルなので、プールでゆっくりしよう、と。

CIMG2177.JPG

ホテルによっては、ロビーあたりからプールが丸見えということもあるんですが、
あれは私はあまり好きではありません。
その点このホテルのプールは、滝のようなものを設えた中庭の奥にあるので、
丸見えということがありません。

20160911_142002.jpg

誰もいないわけではなかったけど、空いていました。
(この右側に、韓国女子とおぼしきグループがいました)

CIMG2185.JPG

タイのちょっと良いホテルのプールは、スタッフがかまってくれちゃう系なので、
プールに行くと、タオルを持ったスタッフがすぐ来てくれます。
チェアを選ぶとタオルを敷いてくれて、パラソルを広げるか聞いてくれます。
そのあと、冷たいお水も持ってきてくれました。
写真を撮るのを忘れたけど、串に刺したフルーツ(イチゴとメロンとマンゴーだったかな?)
も頂きました。
このサービスは、時間が決まっているのか、気まぐれなのかわからないので、
配られるかは運次第かも(笑)

CIMG2187.JPG

この後ろの丸いベッドみたいなの、気になる~。
クッションが一杯で、ここに寝てもいいのかしら?
パラソルがなくて日焼けしそうだったので、やめましたが(^^;)
クッションは、チェアのほうへ持っていってもいいみたいです。
これを背中に当てている人もいました。

ハワイのときと同じように、ここで本を読んだり、プールに入ったり、
ゆっくりと3時間ほど過ごしました。

nice!(23)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コスパ抜群の一軒家スパ、『コラン・ブティック・スパ』 [旅行メモ(タイ)]

タイでのお楽しみは、日本と比べると格安のマッサージやエステ。
というわけで、前回も利用した『コラン・ブティック・スパ』へ。

CIMG2118.JPG

ゆったりした敷地がある一軒家スパです。

CIMG2120.JPG

プールなんかもあって、雰囲気からすでに優雅~[グッド(上向き矢印)]

ここは日本語のホームページがあるので予約が簡単なことと、
BTSエカマイ駅から送迎があることが便利で気に入っています。
そして何よりもお値段が魅力的!
今回は、デトックスの全身コース、Herbal Detoxify Therapy の4時間コース(長い[あせあせ(飛び散る汗)])を、
通常6,600B (¥19,800)のところ、半額の3,300B (¥9,900)で受けることができました。
これは『コースはすべて半額』というキャンペーンでしたが、
たいてい何かしらのキャンペーンをやっています。

BTSエカマイ駅から送迎の車に乗って7~8分、スパに到着したら、
まずレセプションでお茶を飲みながら問診票に記入します。

CIMG2125.JPG

問診票は日本語なので、大丈夫(^^)v
アロマオイルを使う場合は(たいてい使いますが・・・)、ここで説明を受けて香りを選びます。
そして、お部屋の用意ができるまでお茶を飲みながら待ちます。

CIMG2129.JPG

私の場合は、こんなお部屋をひとりで使わせてもらいました。
友達数人やカップルで行った場合は、同じ部屋か個別の部屋か、希望を聞いてもらえます。

それでは4時間のコースをご紹介。
まず、ベランダ(屋外)に設置された一人用のサウナでハーバル・スチームを20分。
ハーブの香りが良いです。

CIMG2132.JPG

サウナを出たらシャワーを浴びて、チョコレートケーキと冷たいお茶で一息。
スパに併設されているカフェのケーキは、
京都で修業した日本人シェフが作っているそうで、甘さ控えめのヘルシーなケーキ。

休憩が終わると、ボディ・スクラブが30分、ボディ・パックが30分。
再びシャワーでパックを落とし、フルボディ・マッサージ100分。
マッサージは、優しいリラックス・マッサージか、
もみほぐし系のディープティシュ―・マッサージか、選べます。
そのあと、オーガニックブランド『オーリアックガーデン』を使用した
フェイシャル・トリートメントが60分というゴージャスな内容。

CIMG2138.JPG

最後、お会計の前にアイスクリームとお茶が出されます。
これで¥10,000しないとは、日本では考えられないお値段でしょ?

すっかり夜になったところで、またBTSエカマイ駅まで送ってもらいます。
行きは普通のワンボックスカーでしたが、帰りはトゥク・トゥクで送ってもらいました。

gallery4.jpg
(写真はホームページより拝借)

わーい、乗りたかったんだー(*^^*)

CIMG2145.JPG

しかし、トゥク・トゥクって揺れるんですよね~。
それも面白いけど、いつもこんなブレブレの写真しか撮れない・・・(^^;)
普通のトゥク・トゥクは一度トラブりかけたことがあってから乗っていないので、
最近ではホテルのサービスや、こういった身元のわかったトゥク・トゥクしか乗りませんが、
やはりタイに来たらトゥク・トゥクに乗りたいです。

CIMG2149.JPG

施術の前に軽い食事をしたうえ、『コラン』でも甘いものを頂いたのですが、
やっぱり夜遅くに少しお腹が空いてきました。
そこで、さっき買っておいた 『BEESTON』 のクロワッサンの出番です[手(グー)]
う~ん・・・時間が経ってしまったせいか、期待ほどでもなかったです。
ただ、バターの香りは濃厚。焼きたてなら、かなり美味しかったと思う。

一緒に写っているプラスチックのカップの中身は・・・

dispImage.jpg

セブンイレブンで売っている、フリーズドライの雑炊。
量がすくないので、¥149 というお値段はちと高い気がするけど、美味しいんです(^^)
家でも、『ちょっとだけ食べたい』というときに重宝していますが、
湯沸かしポットがある部屋なら、旅行先でも便利。
カップなしなので、100均でカップを買っていきますが、
そのかわり、何個か持っていっても嵩張らないのでいいですよ。

そんな感じで、バンコク3日目終了です。

nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タイにしてはお高めカフェ、『BEESTON』 [旅行メモ(タイ)]

一度ホテルに戻って荷物を置いてから、
BTSエカマイ駅の近くにあるカフェ、『BEESTON』へ向かいます。
実は、このあとにエステの4時間コースの予約を入れているので、
何か食べておかないと施術中にお腹が鳴ってしまいそうなので(^^;)

CIMG2102.JPG

エステの送迎のピックアップ場所が、BTSエカマイ駅の前だったので、
その近くのカフェということで、事前にネットで探しておいたお店です。

CIMG2108.JPG

14:30という時間が半端だったのか、他のお客さんも少なくてゆったりしています。

CIMG2105.JPG

インテリアもシックで、なんか落ち着く~。
食べたいものも決まっていました。
人気メニューのオープンサンドイッチです。

CIMG2110.JPG

ひとつはベーコン&エッグ、もうひとつはサーモン&クリームチーズ。
どちらも120B(¥360)。
一緒に頼んだアイスラテは100B(¥300)。
合計¥1,020と、日本とほぼ変わらないお値段なので、タイにしてはお高めかな?
だから空いているのかも(^^;)

でも、美味しかったですよ!
ベーコン&エッグのほうは、大好きなアボカドのペーストがたっぷり。
2つは多いかな?と思っていましたが、ペロリと食べられました(^^)v

facebook.jpg
(写真はfacebookより拝借)

また、このお店のクロワッサンは美味しいと評判なので、
プレーンのクロワッサンをひとつ、お持ち帰りにしました。
お値段は、60B(¥180)。

場所は、BTSエカマイ駅・1番出口を出て、
Soi 63 を5、6分歩きます。
Soi 2 を右折、カフェなどのお店が数軒かたまっているところにあります。

map.jpg

BEESTON
1/3-4,Ekamai Soi2,Sukhumvit63Rd.
営業時間 10:00~21:00
facebook→ https://www.facebook.com/beestoncafe/

CIMG2117.JPG

お店を出たら、可愛いニャンコがいました[黒ハート]
カメラを向けたら、しっかりカメラ目線してくれて嬉しい(*^^*)

nice!(34)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コスプレ写真、再び(笑)/ @ タイ・スタイル [旅行メモ(タイ)]

ホテルを出て、BTSでナショナル・スタジアム駅へ行き、
駅直結のMBKショッピングセンターへ。
ここの2Fと3Fに『タイ・スタイル』という、衣装を着せてもらって、メイクをして、
写真を撮ってくれるフォトスタジオがあります。
ウェディングドレスなどもあるようですが、もちろんお目当てはタイ衣装。
7年前にも撮ってもらいましたが、今回も撮ってもらってきました。

7年前は2Fで撮ってもらったので、今回は3Fへ。
場所は説明のしようがないんですが(私も歩き回っているうちにたどり着いた)、
エスカレーターのそばだったので、何ヶ所かあるエスカレーターの周辺を探して下さい。
こんなお店です。

CIMG2237.JPG

まず店頭で分厚いアルバムを見せられ、衣装を決めます。
同時に値段表を出してくると思いますが、
タイの衣装1着を着て、CD-ROM(16ショット入っていました)と、
写真に焼いたもの8枚
(普通のL版が3枚、B5サイズくらいのものが5枚。どの写真を焼くかは選べます)
という内容で、お値段は2500B(¥7,500)。
意外にも、7年前と比べて値上げはしていませんでした。
(もっとも7年前は値段交渉をしたので、
 詳しくはコチラを → http://o-sama-to-hawaii.blog.so-net.ne.jp/2009-10-02
夕方でちょっと混んでいたせいか、以前よりも少し雑な感じ(笑)
かかった時間も短く、1時間弱でした。

もしここへ行こうとしている方には、アドバイス[ひらめき]

①メイクは、少なくともスキンケアとファンデーションまでは
自分でしていったほうがいい。
いきなりファンデーションを塗り足すことから始まるので、
下地なしで塗られると肌が荒れそう。
隣に座った欧米人は、スポンジは新品か?チップは使い捨てか?と気にしていて、
違うとわかったとたん不機嫌になっていたけど、潔癖症の方は諦めたほうがいい。

②つけまつげ(120B)をつけるか聞かれるけど、
これはメイクさんのチップになるらしいので、(たぶん、つけま自体の値段は20Bくらい?)
断らないほうが面倒がない。
(メイクさんは感じが良かったので、私はこれとは別に100Bのチップを払いました。
前回はカメラマンさんにも払ったけど、今回はなんとなく雑だったので、無し。)
どうしてもつけたくないなら仕方ないけど、やっぱりつけたほうが写真映えします。

③終わったあとは、ちょっと外を歩けないような厚化粧なので、
携帯用のクレンジング・コットンを持参すること。
髪の毛もスプレーでバリバリに固められるので、この後に予定を組む場合は慎重に(笑)

④受取り(出来上がり)まで2日くらいかかります。
帰国日前日とかでは間に合わないかも知れないので、気を付けて下さい。

というわけで、出来栄えはコチラ↓
7年前と比べて、どれだけ老けたかという自虐もあって(笑)、並べてみました。

IMG_8843tr.jpg IMG_6165 copytr.jpg

左のピンクの衣装が7年前、45歳のときです。
現在の歳は足し算して下さい(^^;)

IMG_8850 copytr.jpg IMG_6171 copytr.jpg

覚悟はしていましたが、7年分はしっかり老けていて、哀しいです[バッド(下向き矢印)]
ですが、それなりに元手がかかった写真なので(笑)、
来年の年賀状にはこの写真(ここには載せなかったショットですが)を使いますよ~。
私から年賀状を受け取る方は、元旦に再び笑って下さい(^^;)

帰りにサイアム・パラゴンに寄ったら、
ハワイで見かけて気に入ったコレ↓

CIMG0262.JPG

バナナの形をした、『滑りやすいので注意!』のコーンの、
タイ・バージョンを見つけました!

CIMG1997.JPG

形とか、こちらのほうがリアルなんだけど、なんとなくハワイのほうが可愛いなー。

というわけで、2日目終了~。

<10月13日 追記>

プミポン・アドゥンヤデート国王 崩御の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

タイへ行くと、
いかにプミポン国王が国民に愛されているかを肌で感じることが出来ました。
在位70年というのは、世界最長だそうです。
心から御冥福をお祈りいたします。

nice!(32)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マッサージと、絶品チャーハンと、カオニャオマムアン! [旅行メモ(タイ)]

再びBTSのトンロー駅に戻ってきました。
駅から徒歩7~8分、日本式マッサージの『ベアハグもみや』でマッサージを受けます。

CIMG1959.JPG

日本式マッサージというのは、按摩みたいな、という意味かな?
私は肩こり症なので、なでさするようなオイルマッサージより、
揉みほぐす系のマッサージが好きです。
タイには、これが楽しみで来ているようなもの。だって、お値段が日本の1/6ですもの!
1時間半のボディ・セラピーで500B(¥1,500)。
日本のクイックマッサージだったら、15分しか受けられませんよ~(^^;)

お買い物をして、1時間半のマッサージを受けて、少しお腹に余裕が出来てきました。
実は、このあたりで他にも食べたいものがあったので、
買物とマッサージはお腹を空かせるのも理由の一つだったのです。

まずは一つ目、『バミー・コン・セーリー』

CIMG1964.JPG

CIMG1963.JPG

島本美由紀さんの『世界のかわいいみつけた』というネット記事
→ http://pie.co.jp/mitsuketa/bangkok_03.html
によると、このお店で絶品チャーハンが食べられるらしい。
チャーハン、大好き~!食べてみた~い!
というわけでやってきました。

CIMG1965tr.jpg

カニチャーハン 60B(¥180)、コーラ 15B(¥45)

安っ!
感想は、『絶品!』というほどではないけれど、確かに美味しい!
タイ米ならではのパラパラさ。
個人的にはもう少し塩気が欲しいとこだけど、
たぶんちょっと足りないくらいが正解なんだと思う。
なぜなら、自分で味の調節ができるように、一緒に調味料が出てきます。
ただ、タイの調味料はたいてい辛くするように出来ているので、私が手を出さないだけ(笑)
ナンプラーや唐辛子を足してちょうど良いように、出てくるときは少し薄味なのでしょう。

そして、二つ目、『メーワーリー』

CIMG1977.JPG

ことの発端は、
3年前にバンコクへ行ったとき、雨宿りに入ったカフェで食べたマンゴーのスイーツ。
マンゴーと、アイスクリームと、もち米・・・

CIMG1539-4da2e.jpg

マンゴーにもち米???と違和感があったものの、
その意外な美味しさがずっと忘れられませんでした。
あとで調べたら、それはカオニャオマムアンという、
タイではポピュラーなスイーツだったのです。
カオニャオマムアンというのは、
ココナッツミルク、砂糖、塩で炊いたもち米にマンゴーを添えたもの。
お好みで、さらにココナツミルクをかける場合もあります。
そこで、カオニャオマムアンならここ!という有名店を訪れてみました。

CIMG1974.JPG

店頭にはマンゴーの山!フルーツ店というより、マンゴー専門店のようでした。
なるほど、ここのカオニャオマムアンなら美味しそうだ~。
でも、さすがに今ここで食べるには、お腹がいっぱいで無理(>_<)
持ち帰りにしてホテルに戻ることにしました。

CIMG1981.JPG

カオニャオマムアン 130B(¥390)
ホテルに戻って、一休みしながら食べてみました。

CIMG1984.JPG

残念ながら最初のときほどの感動はありませんでしたが、
ともかくフレッシュマンゴーが美味しい。
量が多いので、二人くらいでシェアするといいかもです。

さあ、また外に出掛けますよ[手(グー)]

nice!(26)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Khao Jao(カオ・ジャオ)は、安くておしゃれな レストラン&カフェ [旅行メモ(タイ)]

バンコク2日目。

CIMG1926.JPG

サワディーカー。

朝食を食べに、Khao Jao(カオ・ジャオ)というカフェに出掛けます。
営業時間が10:00からなので、少しゆっくり、それでも9:00にはホテルを出ます。
場所は、BTS トンロー駅から20分くらい歩きます。

比較的大きな通りのソイ・トンロー(Soi 55) から、脇道の Soi 17 へ入ると・・・

CIMG1929.JPG

緑の木々の間から、可愛いお店が見えてきました。

CIMG1931.JPG

ここが Khao Jao(カオ・ジャオ)です。
開店したばっかりだったので、お客さんは私の他に1人だけでした。

CIMG1935.JPG

一面ガラス張りの窓からは、午前中の柔らかい日差しが入ってきて気持ち良いですが、
実際には、外はもうかなりの暑さです[あせあせ(飛び散る汗)]

CIMG1943.JPG

反対側の壁一面には何かのコレクションが飾ってあります。
カラフルなこれは、たぶんお菓子のPEZ(ペッツ)。
可愛い~[るんるん]
テーブルや椅子も木製のものを使っていて、落ち着けます。

CIMG1933.JPG

さて、何を食べようかな?
基本的にここは南部のタイ料理を提供しています。
辛いものが苦手な私は、メニュー選びが大変かも(^^;)

CIMG1938.JPG

CIMG1939.JPG

嬉しいことに、メニューはタイ語の他に英語と日本語で書いてあります。
おまけに写真が付いているので、かなり親切!
でも、よくよく見ると、『海外での日本語あるある』もちらほら・・・

CIMG1938tr.jpg

『タイをかき混ぜる/エビ』???

CIMG1939tr.jpg

ロースト・ポーク・ライスが、『フライパンで楽々』?

なかなか楽しいメニューです(笑)

私が注文したのは、こちら。

CIMG1945.JPG

パッタイ(タイ風ヤキソバ)65B と、ミルクティー 30B。
これで、300円しないんですよ!安っ!

先にきたミルクティーは、まず色に違和感が(笑)
写真ではあまりわかりませんが、なんというか、赤土のようなオレンジ色なんです。
味は、ちょっとクセのある、コンデンスミルクを入れたような甘さ。
あまり好みではないけど、異国の味という感じで面白かったです。

CIMG1946.JPG

パッタイは、ホントに美味しかったです。
基本的にパッタイというのは甘い味付けですが、
念のために注文するときに、『ペッ・マイ・カー?(辛いですか?)』と聞いて、
NOだったので、安心して食べられます(^^)
大きなエビも美味しいですが、
それよりも干しエビみたいな小さなエビがピリッと味を締めていました。
添えられているのは、タイのネギ、トンホーム。
ちょっと辛みのあるネギで繊維感が強いですが、
香草系は好きなので(ちなみにパクチーも大好き)、美味しく頂きました!

map.jpg

Khao Jao Restaurant And Cafe
Soi Thonglor 17 Sukhumvit Rd Bangkok
営業時間 10:00~20:30
第1・第3日曜定休

さて、お腹もいっぱいになったので、次はお買物です。

nice!(40)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タイ・バーツへの両替 @ バンコク スワンナプーム空港 [旅行メモ(タイ)]

4泊5日で、タイ・バンコクへ行ってきました(*^^*)/
今回からそのときの旅行記をUPしていきますので、お付き合い頂けましたら幸いです。

出発は羽田空港です。
JAL31便は11:20 と早めの時間の出発なので、免税店を少し覗いただけで、
ラウンジ等は利用せず、すぐに機内へ。
ところが、この日は台風13号の影響が残っていて、離陸が1時間以上遅れました。
お天気はすでに回復しつつあったのですが、朝早い便が遅延していたので、
滑走路が混んでいたようです。

ずっと機内で待たされて、ようやくの離陸。
機内食は・・・

CIMG1801.JPG

フードスタイリスト飯島奈美さんの監修メニューだそうです。
ポークシチューかカジキのカツ丼が選べましたが、私はポークシチューにしました。
他に、キャベツの生姜醤油和え・ニース風ポテトサラダ・チョップドサラダ ドレッシング添え・
特製フルーツポンチ・パンとバター。
ハーゲンダッツのアイスクリームが付きました。
到着前には、とろっとチーズパンと飲み物がサービスされます。

そうこうするうちに、無事、バンコク・スワンナプーム空港に到着~。
イミグレを通過して、荷物をピックアップしたら、まず最初のミッションは両替です[手(グー)]

ターンテーブルに近い場所に何ヶ所かあった、緑色のKASIKORN BANK。

CIMG1808.JPG

CIMG1810.JPG

ここのレートは0.3141。つまり、10,000円が3,141バーツになるので、1バーツ=3.18円。
ちなみに羽田空港では1バーツ=3.39円だったので、ちょっとだけここのほうがお得ですが、
ここで両替するのはちょっと待って!もう少しレートを見てみましょう。

こちらはブルーが目印の、SIAM COMMERCIAL BANK 。

CIMG1812.JPG

CIMG1814.JPG

レートはKASIKORN BANK と同じく、0.3141でした。
このあたりはみんな同じようなレートなのだと思います。
そこで地下1Fの、高速鉄道(エアポート・リンク)乗り場へ向かってみましょう。

エアポート・リンク乗り場の左手のほうに、何軒かの両替所が集まっています。
このうち、口コミで一番レートが良いと言われているのは、
オレンジ色のSuperRich です。

CIMG1817.JPG

レートが良いというのは有名なので、たいてい行列が出来ているのですぐわかると思います。
この日も10人弱並んでいましたが、そんなに時間はかかりません。
よっぽど急いでない限り、並んでみても良いと思います。

CIMG1818tr.jpg

この日のレートは、0.3390。1バーツ=2.95円になりました。
数軒見てまわりましたが、やっぱりここが一番良かったので、ここで両替しました。
多少レートが悪くなりますが、1,000円という欄があるところをみると、
1,000円単位の両替もしてくれるのかな?
『空港では少額だけ両替・あとは街中で』という人にはいいかも知れません。

たまに、黄色のHAPPY RICH というお店のほうがレートが良い時があるそうです。

CIMG1822.JPG

CIMG1820.JPG

この日は0.3385 だったので、わずかにSuperRich の勝ち!
私はもともとそんな大金を両替するわけではないし、
何度も両替するのは面倒なので、空港で1回で済ませてしまいます。
同じような方でしたら、この2軒を覚えておけば良いのではないでしょうか。

さて、両替が済んだところで、地上1Fに戻り、タクシーに乗ります。
タクシーに乗るには、チケットマシーンでチケットを出して、
そのチケットに書かれている番号の乗り場から乗るようになっています。

CIMG1823.JPG

操作方法とか、ブログネタに撮る気まんまんだったのですが(笑)、
係員がいて、機械の前に立つ前にチケットを出してくれちゃいました(^^;)

CIMG1824.JPG

とはいえ、操作方法というほどでもなく、
『GET TICKET!』 という部分をタッチするだけみたいです。
チケットマシーンの向こう側にタクシーがいっぱい停まっているのが見えると思いますが、
その上にレーン番号が点灯しています。

CIMG1826.JPG

チケットはこんなの。
私は20番レーンに停まっている車に乗ればいいんですね。
このチケットに、乗ったタクシーの情報がいろいろと書いてあります。
忘れ物をしたときとかのために、絶対、失くさないように。
なお、バンコクのタクシーはまだまだ安全とは言い切れません。
トラブルがあったときのためにも、です。
そんなわけで、このチケットを取り上げようとするドライバーもいるそうなので、
ドライバーに会う前に、こうして写真を撮っておくことをおすすめします。
私の場合、『チケット!チケット!』と言われたので、
これみよがしに(笑)目の前で見せましたが、手から離さなかったので大丈夫でした[手(チョキ)]

まあ、結果的には何も問題なく、無事にホテルに到着しました。
高速料金が、60B+10B。高速料金は、その場(料金所)で払うことになっています。
到着して、メーターが330Bほどだったので、空港料金50Bを加算して400Bを払いました。

それでは、次回はホテルをご紹介します。

<おまけの話>

20日、VAMPSのアコースティック・デーのライブビューイングに行ってきました。
一言でいえば、『良かった!!!』
こんなことも出来るなんて、VAMPSさん、奥が深いっす。
ああ、これは会場で観たかったなぁ。。。。
FCでも、ぴあでも、イープラスでも落選したことが本当に悔しいです。
『REPLAY』は元歌よりもこっちのほうが好きだし、
ボサノバ・アレンジの『ANGEL TRIP』は、ゆる~い感じが違った魅力だし。
Unplugged の時は、MTVで放映されたのを見ただけだけど、
今回のがDVD/BD になったら買うと思う。
そのときは、あの超面白MC “DEVIL SIDE話”をノーカットで収録して欲しいものです。

1474416586322146.jpg

<VAMPS LIVE 2016 追加公演 -ACOUSTIC DAY->@舞浜アンフィシアター

SET LIST

1.FAITH
2.JESUS CHRIST
3.SIN IN JUSTICE
4.THE PAST
5.DAMNED
6.REPLAY
7.SAMSARA
8.MY FIRST LAST
9.VAMPIRE'S LOVE
10.ZERO
11.LOVE ADDICT
12.DEVIL SIDE
13.ANGEL TRIP
14.THE JOLLY ROGER
15.MEMORIES
16.SWEET DREAMS
17.EVANESCENT


nice!(38)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

スワンナプーム空港 ラウンジ& JAL 機内食 [旅行メモ(タイ)]

ホテルで荷物をピックアップして、タクシーで空港へ向かいます。
到着時は1時間半もかかったのに、今度はなんと30分程度で着きました。
土曜日で通勤ラッシュがないせいもあると思いますが、すごい差ですね。
バンコクではよくあることですが、料金はメーターを使わず、高速料込みでいくら、ということになりました。
(ホテルでタクシーを呼ぶと、こうなることが多い)
全部込みで500THB(約¥1,700)という金額は、到着時の大渋滞の場合なら安かったでしょうが
(実際、その時はメーターで料金を払い、400THB近かった。その他に高速料75THBとチップを払った)、
これだけ空いているとメーターのほうが安いでしょう。
もちろん、わかっているからそうしているんだと思いますが。

CIMG1991.JPG

昨年のロンドン・パリでは、良い思い出のないVAT還付手続き(笑)。
今回はとてもスムーズに済みました[手(チョキ)]

搭乗まで2時間半。
スワンナプーム空港は広くて、お店もたくさんあるのであれこれと見ました。

CIMG1994.JPG

ジム・トンプソンは広くて、品物もそこそこ揃ってます。
免税手続きが面倒な人、または免税額に届かない人は空港で買うことを考えてみてもいいのでは?
ここなら最初から免税価格です。
ちなみに、ネクタイは街中の店舗なら1,600THBですが、空港なら1,480THB。約¥400お得です。

CIMG1996.JPG

ハーブやアロマ系のお店もなかなかでした。
ここも1度にいろいろなブランドが見られるのがいいです。
とはいえ、やはり空港はなんでも割高だし、
(タイ土産の定番、トムヤムクン味のポッキーなんか、10箱で500THB(@_@) スーパーでは1箱13THBですよ!)
今さら買うものもないので早々に退散。
『プライオリティ・パス』で入れるラウンジに入りました。

CIMG2033.JPG

CIP FIRST CLASS LOUNGE

ここは以前にも利用したことがあるのですが、広いし、たいてい空いているのでゆっくり出来ます。
スワンナプームでは、JALのサクラ・ラウンジなんかより、絶対オススメ。
(サクラ・ラウンジは、パッポン・タニヤあたりに出没するオジサマ率が高いときは、ちょっと…^^;)

CIMG1998.JPG CIMG2027.JPG

今回もガラガラだったので、私は右側のふかふかのソファをGET。

食べ物もそれなりにありました。

CIMG2018.JPG CIMG2005.JPG

サラダとサンドイッチ。

CIMG2022.JPG CIMG2021.JPG

ブルーベリーパイとアップルパイ。多少のフルーツ。

CIMG2010.JPG CIMG2014.JPG

お酒類とホット・ドリンク。

CIMG2011.JPG CIMG2007.JPG

もちろん、ビア・チャンやシンハーなどのビール類も。アイスクリームは嬉しいですね。

そんなわけで、ちょっとしたティー・タイム。

CIMG2029.JPG

アイスクリームは2個も頂いちゃいました[るんるん]

そうして定刻21:45、JL 034便で羽田に帰りました。到着は、翌日の朝6:00。

往路 JL 033便の機内食

CIMG1344.JPG

『Soup Stock Tokyo』とのコラボ・メニューです。
さすが、『Soup Stock Tokyo』のスープですね。『野菜と鶏肉のトマトシチュー』、美味しかった(=^-^=)
『プレーンヨーグルト 埼玉県産百花蜂蜜添え』も、優しい甘さで良かったです。

復路 JL 034便の機内食

CIMG2042.JPG

『肉団子と根野菜の和風トマト煮』
往路ほどではなかったですが、まあまあ。

次回は、タイ旅行記最終回、お買物レポになります。

nice!(30)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行メモ(タイ) ブログトップ