So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行メモ (ASIA) ブログトップ

いったいなんだったんだ?シンガポール/チャンギ空港ラウンジ~UAビジネスクラス [旅行メモ (ASIA)]

3:30起床。4:15にチェックアウト。タクシーでチャンギ空港に向かいます。
さすがに朝早すぎるのか、本屋や飲食店などのお店は開いていません。
開いているのはお酒・タバコ・化粧品などを扱う免税店のみ。
税金の還付手続を済ませ、ラウンジで時間を潰すことにしました。
ラウンジはUAのラウンジではなく、『SATSプレミアラウンジ』という各社共同のラウンジ。

なかなかモダンなラウンジ。
インターネットやプレイステーション、マッサージチェアもあるようです。

少しですが食べ物があるのも嬉しい♪ 

続きを読む


nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いったいなんだったんだ?シンガポール/エステ三昧③アスパラ・スパ [旅行メモ (ASIA)]

買物もして一応気が済んだので、ホテルに戻り『アスパラ・スパ』でのエステです。
ところが、予約の電話で『コラーゲン・フェイシャル』を頼んでいたし、
リコンファームのときにも確認していたにもかかわらず、
『コラーゲン・フェイシャル』は出来なくなったから他のメニューに変えて欲しい、と言われました。
かなりムっとしましたが、しかたありません。結局『ホワイトニング・フェイシャル』に変更。
値段は『コラーゲン・フェイシャル』と同じで、90分で132.68シンガポールドル(10,350円)。
20%割引後です。

施術室はこんな感じ

まずはクレンジング。
そのあと、鼻、あご、おでこの毛穴に詰まった老廃物を除去するのが、けっこう痛かった。
小さな器具を使っていたようですが、感覚としては、
爪でニキビの周りを押して芯を出すような感じ。
正直、涙が出ました(>_<)
あとのハンドマッサージは丁寧だし、時間も十分かけていて満足です。
最後にパック、整肌で終わり。

施術が終わると、中国茶のサービスがありました。



けっこうお洒落な店内です。
お茶を飲んで一息ついたころ、スタッフが基礎化粧品のセールスに来ました。
旅先エステの一番の利点は日本との価格差ですが、
もうひとつ、セールスをかわしやすいという点です。
日本でエステを受けたのはほんの数回ですが、
年間コースを契約させようとしたり、高い化粧水やクリームを、必要だと迫られたり
辟易します。
しかし外国であれば、通うのはどう考えても無理なので
コースの勧誘はされませんし、化粧品も、
『重いから』(たいていの化粧品は本当に重い)『もう荷物がいっぱいだから』でかわせます。
このときも『荷物がいっぱい』と言うと、あっさり引き下がってくれました。

私の周りには、あまり海外でエステをやる人が見当たらないんですけど、
訳を聞いてみると、『やってみたいけど予約が面倒、言葉が通じないと不安』
ということらしいです。
アレルギーがあったり、肌が特別敏感だったりしたらお勧めしませんが、
上記のような利点もありますので、肌が普通に強い人はぜひトライしてみて下さい♪
ま、ここは正直言ってイマイチでしたが(笑)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いったいなんだったんだ?シンガポール/ナイトサファリ [旅行メモ (ASIA)]

J'sサロンでのヘッドスパが終わり、時間は19:30。
ホテルからタクシーで30分、ナイトサファリに向かいます。
今回の旅行中、唯一の“観光”らしい“観光”と言えましょうか。

一応、夜間に女ひとりでタクシーに乗っている用心から、ドライバーに
『どのくらいかかりますか?8時にゲートで友達と待ち合わせしてるんだけど』
とウソついてみました。これが良かったのか、悪かったのか…
『じゃあ、高速を使っていいかい?』『どうぞ、どうぞ。どんどん使って』と高速道路に。
そしたらこれがトバすんです。
車線変更はガンガンするし、前の車はつつきまわすし、運転が荒くて怖いのなんの。
もっとも、おかげで早く着いたようですが(汗)

ナイトサファリ 日本語公式HP http://www.nightsafari.com.sg/japanese/

ナイトサファリは、世界初、夜間のみオープンしている動物園で、
最小限の柵に囲まれている動物を、トロリーやトレッキングによって見ることができます。
入園料22シンガポールドル+トラム料金10シンガポールドルを支払い、
まずは日本語トラムの予約をします。(英語のトラムは予約不要)
8:45のトラムを予約して、ギフトショップを覗いたり、
迫力あるトライバル(部族)ダンス・パフォーマンスを観たりして時間を潰し、
いよいよトラムに乗り込みます。

トライバルダンス・パフォーマンス

3両編成のトラム2台が暗いジャングルのような道に向けて発車すると、
まずはつんと鼻をつく獣臭。
ガイドさんの説明を聞きながらいろいろな動物を見ることができました。
特にマレーバクはトラムのすぐそば、手を伸ばせば触れるくらいまで近くに寄ってきました。


マレーバク

夜行性の動物を集めているので、昼間の動物園ではグテ~と寝ているだけの
ライオンやトラも活動的です。
動物がいるところにはほのかなライトがあたっているので肉眼では見ることができますが、
動物を驚かせないためフラッシュ撮影は厳禁なので、写真に撮ることはできませんでした。
45分のトラム・ライドが終わると、トレール(遊歩道)を歩いて動物を見に行きます。
トレールは3コースありますが、
フィッシングキャット・トレールとレオパード・トレールの途中で時間切れ。
10:30のアニマル・ショーを見るためにゲート近くに戻ります。
このアニマル・ショーについて、事前にネットで他の人の評価を調べたところ、
『素晴らしい』という人から『子供向けで大人にはつまらない』と、評価がバラバラ。
私的には、どちらかといえば後者に賛同したい感じでした。
内容は、サーバルキャットがジャンプしてエサを取るところ、
フクロウが客の頭上を飛んでスタッフの腕にとまるところ(鷹匠のよう?)などです。

そろそろ帰ろうと出口に向かうと、
さきほどトライバル・ショーをやっていたステージで、
サーバルキャットが記念撮影にかりだされていました。


サーバルキャット

10シンガポールドル(780円)を野生動物基金に寄付すると、
動物と記念写真が撮れるというもので、自分のカメラで何枚か撮れるようでした。
(ナイトサファリ公式HPの日本語と中国語のサイトには10シンガポールドルと書いてありますが、
英語のサイトでは5シンガポールドルと書いてあります。)
サーバルキャットはじっとしてるのが辛いようで、なんだかちょっと可哀そうでした。
11:00過ぎにナイト・サファリを後にしてホテルに戻りました。

ナイトサファリに行くには、JTBやパンダバスなどの現地ツアーに参加する方法もありますが、
料金が高いし(食事なしで70シンガポールドル~食事付で100シンガポールドル前後)、
時間に追われるので自分で行くことにしました。
現地ツアーのほとんどが5時頃に集合、ナイトサファリ到着後に夕食、
それからトラムに乗るため、7時台の日本語トラムはツアーでめちゃ混みだそうです。
トラムの後も少ししか時間がなく、トレールを歩くとショップを覗く時間がないとか。
私が行った時間は20:00~23:00くらいで、
最初のうちはツアーで来ている人もまだいたようですが、
幸いトラムもトレールも、時間がズレたおかげでかち合うことなく、ゆっくり出来ました。
特にトレールを歩いた頃は、ツアー客が帰ったあとだったので
とても静かに自分のペースで歩くことが出来て良かったです。
タクシーでも往復30シンガポールドル位ですし、
ナイトサファリのバスサービス(片道4シンガポールドル・DFS等から乗車)
を使えばお安く行けます。
たっぷり楽しむためには、ぜひ自分で行ってみて下さい♪


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いったいなんだったんだ?シンガポール/エステ三昧②J'sサロン [旅行メモ (ASIA)]

優雅なアフタヌーン・ティーのあとはJ'sサロンでのエステです。
MRTでホテルに戻り、朝行ったランコムの隣にあるJ'sサロンへ。

ここは美容院なので、エステというより、髪のトリートメントやヘッド・スパがメインです。
ボディやフェイシャル・トリートメントもやっていると聞いていましたが、
どうやらそれは、8月からランコムに移行したようです(ランコムもJ'sサロンの経営)。

さて、私がお願いしたのは『J's リラクゼーション・エナジー・ヘッド・マッサージ』 45分
税込みで51.36シンガポールドル(4,000円)。

イスに座るとまずは温かいお茶が出て、首と肩のマッサージをしてくれます。
その後、イスに座ったままのシャンプー。以前、台湾で経験したやりかたと同じで、
あらかじめシャンプーにお湯を足したと思われる液を頭にふりかけ、
髪をソフトクリームのようにしながら泡立てていきます。
しっかり頭皮をマッサージしてくれるので、これだけでも気持ちいい♪
日本と同じようにシャンプーを流したあとは、ケラスターゼ製品を使ったヘッド・マッサージです。
ケラスターゼは、ロレアルが展開しているヘアサロン向けヘアケア製品。
J'sサロンではこの製品を使っていることが自慢で、ちょっと高級なラインのようです。  
クシで頭皮に分け目を作って、そこに液体をすりこんでいきます。
感想は『ストロング・ミント』というか、『シーブリーズ』というか…ともかくスースーします(笑)
何度も細かく分け目を作って全体にすりこんでいくので、かなりの刺激になってきます。
リラクゼーションというより、リフレッシュ!という感じ。
頭皮全体にすりこみが終わると、懐かしの『お釜』(最近あまり見かけませんが、
昔は美容院にありましたよね?パーマをかけるときにかぶるヤツ)をかぶって
しばらくおきます。
あとは流して、ブローして出来上がり。

日本の美容院で、シャンプー&ブローが2,000円以上することを考えれば、
お安いかなぁ、といった印象。
ただし、その場の爽快感はあっても、後になって何か効果が実感できるかというと
そこまでのものはありません。『旅先での贅沢』ですね♪

このおじさんが、朝『飛びだしてきた』おじさんです。
このおじさんのおかげでランコムのエステを体感する機会に恵まれました。
おじさん、ありがとー♪


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

いったいなんだったんだ?シンガポール/フラトンでAfternoon tea [旅行メモ (ASIA)]

MRTでフラトンホテルに着きました。クラシカルで素敵なホテルです。
以前は中央郵便局として使われていた建物であるため、お部屋のタイプはさまざまで
92種類以上もあるそうです。
なかには『ポストマスタールーム』など、
郵便局だった名残が感じられるネーミングのお部屋もあります。

ここの『The Courtyard』に、16:00からアフタヌーン・ティーを予約していました。

アフタヌーン・ティーにこのホテルを選んだのは、一度訪れてみたいホテルだったのと、
週末に3段トレイのアフタヌーン・ティーをやっているところが少なかったためです。
どうやらシンガポールでは、3段トレイのイングリッシュ・スタイルを『アフタヌーン・ティー』と言い、
週末に催されることの多いビュッフェ形式を、『ハイティー』と呼ぶようです。
今回私は、3段トレイのアフタヌーン・ティーが希望だったので、
フラトンはまさに希望どおりという感じでした。 

続きを読む


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いったいなんだったんだ?シンガポール/エステ三昧①LANCOME(ランコム) [旅行メモ (ASIA)]

9月15日(土)
深夜1時にホテル到着。同日9時に起床。朝食。
外は霧雨が降っています。
ついてないなぁ…。
今日は午後まで件のプールで過ごすつもりだったのに。

朝食の後、ホテル敷地内にある『アスパラ・スパ』にリコンファームに行きます。
グッドウッドパークには、この『アスパラ・スパ』と『J'sサロン』というエステティック・サロンがあり、
どちらも日本から予約を入れていました。
『アスパラ・スパ』のほうは、ホテル宿泊者は20%割引になるということで、
『チェックインしたら部屋番号を連絡すべし』と言われていたのでした。
『アスパラ・スパ』はすぐ見つかりましたが、あいにく10:00の開店まであと10分ほどあります。
ついでにもうひとつの『J'sサロン』も見ておこうと、もう少し歩きます。

『J'sサロン』をガラス越しに覗いていると、人なつっこい感じのおじさんが飛び出してきました。
まさに『飛び出して』、という感じなので、『私、なんかやったかいな』と思ったほどです(笑)。
おじさんが熱心にセールスを始めるので、『今日、ここに予約を入れてあるからあとで来ますよ』
と言うと、では新しい『LANCOME』のほうを見ていってくれ。見るだけでいいから。とのこと。
『本当に見るだけよ』『それでもいい。素晴らしいサロンだから』と自慢げ。
おじさんに負けて、『LANCOME』を見学することになりました。
どうせあと10分、時間を潰さなきゃならないし。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いったいなんだったんだ?シンガポール/UAビジネスクラス NRT~SIN [旅行メモ (ASIA)]

いったいなんだったんだ?7 DAYS
外にも出ない毎日  ~  無駄遣い my 7DAYS

昔、バービーボーイズの曲に『なんだったんだ?7 DAYS』というのがあったのを
ご存知でしょうか?(知っている人は年がバレます 笑)
今回のシンガポール旅行中、私が知らず知らず口ずさんでいたのが、この曲でした。
冒頭の歌詞からお察し下さい(^ ^;) もっとも7 DAYSもなかったですけどね。

9月14日(金)
成田には16:30頃に着きました。
UAのラウンジは、3年前にバンコク線でビジネスクラスに乗った際に使ったことがあり、
スナック程度しかないことがわかっていたため、軽く何か食べておこうとレストランへ。
のんきにパスタなど食べておりました。出発は7時だし~。
ところが、ふと気まぐれでプリントアウトしたEチケットを見てみると…
なんと出発は17:55!完全に1時間、間違えておりました。なんという初歩的なミス(笑)
成田空港は高島屋の次に好きな場所なので(笑)、たいていは早めに着いております。
おかげでこんなバカなミスをしても、無事間に合うことが出来ました(^ ^;)
ブログに書いたのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
今回はマイルを使った特典席のため、ほぼ1年前に予約を取りました。
それから今までに何度かタイムスケジュールの変更があって、
頭がゴチャゴチャしてたんです~(←苦しい言い訳だな)

ともかく、大急ぎでパスタを食べ終え、UAのカウンターでチェックイン。
出国審査は、幸いそれほど混んでなかったので難なく通過。
免税店で化粧品を2品購入。
それからラウンジへ。そうまでしてもラウンジへ行きたいか?答えは『ハイ!』
だって、たまにしか入れないし。

でもね、やっぱりたいしたことなかったです(笑)

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バンコク新空港・スワンナプーム国際空港 [旅行メモ (ASIA)]

今回のシェムリアップ行き、エアラインはJAL&バンコク・エアウェイズを使いました。
ホーチミン乗り継ぎで、ベトナム航空&ベトナム航空という案もあったのですが、
マイルを貯めたかったのと、JAL案のほうが若干値段が安かったためです。
H.I.Sにも足を運んでみましたが、格安航空券は取れず、結局JTBオンラインでPEXを購入。
119,640円なり。

この案でさらに良いところは、バンコク乗り継ぎなので、
気になっていた新空港、スワンナプームを利用できたことです。

ともかく広い!
ドンムアン空港の約5倍、成田国際空港の約3倍というから驚きですよね。

広々としたイミグレーション

コンコースはAからGまで。帰りはG3ゲートで、端っこのほうでした。

嬉しかったのは、4Fのショップの充実ぶり♪
お土産からブランドショップ、ちょっとおしゃれなカフェやバーが
端から端まで連なっています。

2時間半ほどのトランジット、マッサージでもして時間を潰そうと思っていたのに、
お店めぐりで終わってしまいました。
次回バンコクに来るときは、早めに空港に行って、買い物は最後に全部ここで済ます、
というのもテかな、と思いました。
(う~ん、でも大好きなデパート「エンポリウム」ははずせないし、
 お土産にするお菓子類はやっぱり街なかのほうが断然安いし…)

タイシルクで有名な「ジム・トンプソン」は、かなり充実した品揃えです。
余談ですが、安くて可愛い、布小物の「ナラヤ」はありません。街なかでどうぞ♪

(「ジム・トンプソン」の商品)

おっと、アンコール・ワットで見た、「乳海攪拌」がここにも!
アンコール・ワットはレリーフなので地味でしたが、
こんなにカラフルだと、全然印象が違いますね(笑)。

ところで来月はいよいよイタリアに行ってきます!
ローマとフィレンツェ、8日間の旅です♪
これもJALなのでマイルが貯まる(^ ^)v
よし、お買い物するぞ~(笑)


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アンコール・ワット&タ・プローム [旅行メモ (ASIA)]

さて、いくら遺跡に興味がないといっても、せっかくここまで来て
アンコール遺跡をひとつも見ないのではさすがに勿体無い。
せめてアンコール・ワットだけでも見に行こうということになりました。

ガイドを手配すると2人で40USD。では1人20USDかというとそうではなく、
日本語を話せる現地人ガイドの2時間料金+ホテル送迎(ドライバーが1人付きます)
ということらしいです。
ガイドをもう1人頼べば別ですが、3人で行っても値段は変わらないかも。

ホテル~遺跡の移動時間を往復30分と見て、アンコール・ワット見学に1時間半。
そこでわがままを言って、アンコール・ワットを少しショートカットして、
タ・プロームにも連れて行ってもらうことにしました。
合計で2時間半と、30分程オーバーしますが、追加料金がかかるとは言われませんでした。

遺跡に関する宗教や歴史については、
他の方がH.Pやブログで詳しく書いて下さっているので私は書かないことにします。
こういうことは間違ったことを書くと怒られそうですし(笑)。

アンコール・ワットで私が見たかったものは、
天地創世を描いた「乳海攪拌」のレリーフでもなく、「天国と地獄」のレリーフでもない、
(でも見てきましたけどね)
第三回廊にいくつも彫られているという女神(デヴァター)です。
ところがこの第三回廊に行き着くには約13mの急階段を上らなくてはなりません。
写真ではそれほどに感じないかも知れませんが、かなり怖いです。
途中で振り向きたい衝動に駆られますが、振り向いたらきっと、
足がすくんで上れないでしょう。
ちなみに、帰りは手すりのついた階段から降りられます。
手すりがついた階段は東西南北の階段のうち一箇所だけ。
上りには使っちゃいけないことになってます。

上から見たら…けっこう怖いでしょ?



そうして出会ったデヴァターたち。


唇がほんのりと紅いのが艶めかしい

アンコール・ワットは密林から発見された遺跡。
周りにはまだうっそうとした木々が残っていて、野生の猿が生息しています。

タ・プローム遺跡は、アンコール・ワットに比べて「朽ちた」感じが強かったです。
だからこそ遺跡としてのリアル感が強くて、本当に見に来て良かったと思いました。

ガジュマルが遺跡と一体化しています。遺跡を食い尽くすかのような生命力ですが、
今は逆に遺跡を支えているのだとか。

迷路のようなタ・プローム遺跡の、中心部にある祠で胸を叩くとその音が祠に共鳴しますが、
これ、胸を叩いたときだけだそうです。
手を叩いても、足を叩いても共鳴しないとは帰国後に知ったこと。
胸は叩いてきたけど(確かに共鳴した!)、手も叩いてみれば良かったなぁ。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

(濱口 優 風に)「獲ったど~!!」 [旅行メモ (ASIA)]

いえ、正確には「取ったど~!!」なんですけどね(^ ^;)

来年9月(笑)のAirの予約を取りました。

今度はユナイテッド航空 (UA) のビジネス・クラスでシンガポールに行ってきます。
さすがにこれだけ先の予約だと、まるで実感がわかないのですが
前にも書いたように、連休をかませた特典席の予約は本当に取りにくいのです。
しかもビジネス・クラスはもともとの席数が少ないので、航空会社にしてみれば稼ぎ時の連休、
タダで乗せてくれるのは、たぶん1人か2人でしょう。
なので、予約が可能になるとほぼ同時に予約を入れます。

必要マイル数は30,000マイル。空港税などが別途30.39USD。
この金額だと燃油サーチャージは取られていないみたいですね。
これでNWもUAも、特典旅行では燃油サーチャージを取らないことがわかりました。
JALは取られるって聞いたんだけど、ホントかな?

実は私の勤務先では、来年早々に退職者がでることが決まっているので、
その頃の仕事の状態がわかりません(>_<)
そこで、ちょっと控えめに3連休+1日の、3泊4日のスケジュールにしておきました。
それにしても、成田発17:30・現地着23:30。
帰りは、現地発07:20・成田着15:25。
正味2日の旅行です。弾丸ツアーとまではいきませんが、ちょっと厳しいスケジュール。
まぁ、春にはまた大好きなイタリアに行けそうなので、秋はサクッとね!

最初はタイ・バンコクに行こうと思ってたのですが、バンコクは今年行ったばかり…
毎年行くほど好きなわけじゃないしなぁ、ということでシンガポールにしてみました。
シンガポールは10年位前に1度行ったきりなので、ちょっと楽しみです♪
たしか、「国中が免税店♪」の素敵な街(笑)ではなかったっけ?
よし、1年かけてお買い物資金を貯めようかな!


nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
旅行メモ (ASIA) ブログトップ