So-net無料ブログ作成
検索選択

北菓楼 札幌本館のカフェが素敵だった [旅行メモ(国内)]

翌日の朝食。
前日が和定食だったので、本当は洋食ビュッフェにしようと思っていたのですが、
和定食にあったもう一つのメニュー 、『和サンド』 が気になってしょうがなかったので、
また 『北乃路』 で食べることに・・・(笑)

01.jpg

これがその『和サンド』です。スープと豆乳のプリン、食後にコーヒーが付きます。
一番上のミニ・ハンバーガーみたいなのは、米粉のフォカッチャでホッケのフライをサンドしたもの。
真ん中は、和食屋さんらしい出汁巻き卵のサンドイッチ。粒マスタードが添えられています。
隣の緑色のパンは、ほうれん草のパンです。中身は、北海道産小豆とクリームチーズ。
一番下は、ライ麦パンで、照り焼きチキンと柚子胡椒風味のタルタルソースのサンド。
どれも美味しかったですが、意外なことに一番美味しかったのは一番上。
お魚のフライが、こんなにパンに合うとは~(*^^*)

そんなにボリュームがある感じには見えませんが、食べ終わったらお腹いっぱいでした。
(でも、男性にはもの足りないかも)
それでも私たちは、『別腹』を目指してお出掛けします。

10.JPG

ホテルから歩いて10分~15分くらい。
『北菓楼 札幌本館』

02.jpg

お店の奥の、クラシックな階段を上っていくと・・・

03.jpg

2階にカフェがあります。

11.jpg

開店と同時に入店したので、一番乗り~!
北海道立文書館別館の建物を再利用しているので、
それにちなんで壁面いっぱいの本が。

04.jpg

反対側の壁にも本。この本、本物みたいです。
大泉洋さんの著書なんかが置いてあるところが北海道らしい?

05.jpg

注文したのはケーキセット、¥750。
メインのケーキと飲み物が選べて、その他にシフォンケーキとソフトクリームが付きます。
メインは、¥180のシュークリームを選んでも、¥330のモンブランを選んでも同じ値段です。
モンブランが好きなので、素直にモンブランにしておけば良かったのですが、
札幌本館限定のシュークリームがあると聞いていたので(相変わらず“限定”好き)、
シュークリームにしてしまいました。
これが間違っていたと気が付いたのは、下の階におりてから[あせあせ(飛び散る汗)]

08.jpg

この『夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)』が限定品なのですが、これはカフェにはなかったのです。
私が食べたシュークリームは、ジャンボパイシューの『夢不思議』でした。
『夢不思議』もサクサクのパイ皮で出来たシュークリームで美味しかったですが、
やっぱり“限定”を食べたい!ってことで、1つ買って、その場で食べました。
ケーキセットを食べた後に、さらにシュークリーム(笑)

そうまでして食べたシュークリームでしたが、
私は、クロワッサンよりパイ生地のシュークリームのほうが好みでした(^^;)

07.jpg

和栗のモンブランのほうが良かったかな~・・・見た目も可愛いな~・・・。
隣の、クリームチーズコンクルールで銀賞を獲ったという
『スノーマウンテン』というケーキも気になる。

12.jpg
(画像元:J-TRIP Smart Magazine 北海道)

1階では、広い店内でゆっくり北菓楼のお菓子を購入することが出来ます。
試食ができたり、小さな紙コップに入ったお茶などをもらえるのも嬉しい。
すっかり甘くなった舌を、お茶と『北海道開拓おかき』の試食でリセット(笑)

06.jpg

Tちゃんのお目当ては、やはり札幌本館限定の、『北海道廳立圖書館』 ¥1,080。
本のようなパッケージに入った、チョコサンドクッキーです。
チョコレートとクッキーは別々に包装されていて、食べるときに自分でサンドします。
試食があったので食べてみたら、キャラメルの風味が強くて、かなり甘い。
“限定”というのに惹かれたけれど、ちょっと甘過ぎたのと、
賞味期限が思ったより短かったので(1週間程度)、私は買いませんでした。

20170730_233213.jpg

そういえば、カフェでお会計の時に、『はまなすの恋』というお菓子をひとつ頂きました。
同じくキャラメル系のチョコレートなんだけど、これは軽い食感で美味しかったので、
こちらを買ってくれば良かったな。

それでは、チェックアウトのため、一度ホテルに戻ります。

nice!(32)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行